Loading……
2017年雷允上練薬養生文化祭盛大開幕を

2017-10-27
【阅读次数:

(記者 邢蓓琳/撮?余儒文)10月20日午前、「医薬文化を発揚し、全面的な健康の発展を共に促進」をテーマとした「静安漢方医薬文化の旅」始動式及び2017年雷允上練薬養生文化祭開幕式が雷允上薬町で行われた。静安区副区長周海鹰氏や静安区の文化、商務委員会、市場監督管理局、工商連合会及び開開グループの関連担当者はイベントに参加した。

 

10月20日~22日に上海漢方医名家による大型練薬無料諮問活動が行われたほかに、雷允上薬業西区有限会社も40人近くの市民を招待し、雷允上薬練センターや漢方医薬文化博物館、薬植園を見学し、漢方薬養生茶を味わい、養生講座を聞くなどの練薬養生文化の旅活動に参加し、漢方医薬の独特な養生保健の効能を身をもって体験した。知るところで、今回の雷允上練薬文化祭は、2018年1月21日まで続くものとされる。その期間では、雷允上薬町は、範忠沢をはじめとする多くの上海有名が主役を担当する練薬外来診療を開設し、顔色を見て、喘息などの音を聞いて、症状を尋ねて、脈をとって触診することにより、消費者に合った練薬処方を書く。同時に、複方デンドロビウム処方、体作り三宝方(阿膠、人参、鹿茸という三つの原料で作られた処方)、セッコク明目方(目の機能を強める処方)、薔薇三花方(薔薇など三つの花を原料として作られた処方)など昔から伝わってきた漢方医学処方にちなんだ養生練薬、レジャー練薬を市民に送り出す。

 

記者が知ったところで、「中華老舗」の雷允上は、一貫して「人民の健康を守り、漢方医薬文化を発揚」を自分の務めとして、長期にわたって、漢方医薬文化を伝播する新たな経路と媒体への探求に力を注いでいる。2017年「静安漢方医薬文化の旅」は、練薬養生文化をテーマにし、雷允上医館の多くの名医とベテラン漢方医師を頼りにし、静安区各町文化センターで練薬養生伝統文化活動を行い、講座や漢方薬の標本陳列、漢方医薬の技芸の現場展示など大衆に人気がある形で、練薬養生文化を発揚する活動を展開し、漢方医薬健康知識の普及度を向上させ、高品質の養生方式を提唱する。これから、「静安漢方医薬文化の旅」は続々と漢方医薬文化大講堂、漢方医薬文化科学普及巡回展、漢方医薬健康養生文化体験、漢方医薬文化書画展及び漢方医薬文化養生の旅を合わせて五大類、14個の特別活動を行い、奥深い漢方医薬文化をコミュニティ、学校、商業ビル及び企業と公共事業職場に広め、漢方医薬国粋をよりよく発揚し、漢方医薬の健康知識普及度を高め、漢方医薬文化の伝承と伝播を促進する。

attachment:
Loading……