Loading……
静安区はサービスの向上を着実に推進し、ますます多くの国際メイカーたちの「世界的な第一選択」になっている

2017-11-01
【阅读次数:

(記者 呉晶晶)現在の中国は、開放的な姿で世界を抱きしめている。ますます多くの外国のイノベーターたちが中国に来て創業し、国内の創業者たちも国際的なイノベーションレベルに合わせるチャンスを迎えた。「イノベーション・創業」、「双創」は、国際化を求める静安区にとってはとっくによく知っている言葉だ。2016年7月、コワーキングスペースの元祖「WeWork」のアジア太平洋地域の第1号店が静安区延平路で開業した。わずか4ヶ月後、WeWork中国旗艦店がまた静安区威海路で開業した。静安区の大衆イノベーションスペースは絶えずに新たな活力が湧き上り、ますます多くの国際メイカーたちの「世界的な第一選択」になっている。

 

「国際スタイル」に満ちたイノベーション・創業区

 

「静安区は、国家デジタルメディア産業基地、国家人的資源産業基地と上海のクラウドコンピューティング、ビッグデータ産業基地を有する。また、多くの多国籍企業の地域本部や大量の海外人材も有する。国際化が静安区の最も顕著な特徴の一つだ。」9月21日に行われた2017年全国「双創イベント週」の重点イベントの一つである「イノベーション・創業七日談」の最後の活動の時に、静安区指導者が来賓に、静安は活力に溢れた国際イノベーション・創業区だと紹介した。

 

近年、静安区は、「1+X」をめぐって比較優位に基づく発展、協調性のあるイノベーションという科学技術イノベーションレイアウトシステムを構築している。その中に、「1」とは、クラウドコンピューティング、ビッグデータなどの産業に力を入れている市北ハイテク区のことで、「X」とは、活力に溢れた「国際スタイル」の大衆イノベーションスペースのことだ。

 

静安区にある大衆イノベーションスペース「XNode」(創極無限)が設立してから2年間くらい、すでに25カ国・地域からの創業者たちがここに集まってきた。国内外創業者の割合は約1∶1。ここに入ったら、外国創業者と中国創業者が会話している姿が随所に見られる。現在、静安に国際チームが進出している大衆イノベーションスペースが8ヶ所あり、例えば、P2上海メイカーセンターと「XNode」の国際チームの割合がさらに6割に達している。多くの海外創業企業がここを中国さらにアジア上陸の窓口にしている。いったい何が国際メイカーたちを惹き付けたのか。「XNode」CEOの周煒氏は、「国際スタイル」に満ちたことは、静安の大衆イノベーションスペースの最大の特徴で、「静安で国際化のイノベーション・創業の雰囲気が感じられ、外国企業がよりよく企業を立ち上げることに有利だ。」と語った。

 

今年の初め、静安区は「区域内の大衆イノベーションスペースのアップグレードを狙い、上海国際イノベーション・創業活力区作りに注力する」という目標を打ち出した。区域内の大衆イノベーションスペースの質の向上と量の増加を推進するため、静安区は大衆イノベーションスペース建設への支援を強化し、いくつかの低コスト、利便化、全要素、開放式の大衆イノベーションスペースの建設を重点としてサポートし、大衆イノベーションスペースが専門化、差異化、多様化した運営を展開することを奨励し、積極的にイノベーション・創業と大衆イノベーションスペースの発展に有利な総合環境を作り、南京西路や蘇河湾、中環沿線及び南北高架沿線に集積化された特色のある大衆イノベーションスペースの発展レイアウトが形成されている。現在、静安にはすでにいくつかの業界を代表でき、比較的に大きな市場影響力を持った大衆イノベーションスペースが集まった。中国大衆イノベーションスペースのコワーキングスペースTOP10にランクインしたSOHO3Q、方糖小鎮、P2、WE+などの大衆イノベーションスペースブランドは、全部静安に拠点を持っている。2016年の年末まで、静安区内にある大衆イノベーションスペースブランドが20ブランドで、スペースが31ヶ所で、総面積が5.2万平方メートル。その中、国家レベルの大衆イノベーションスペースが3ヶ所で、上海市レベルの大衆イノベーションスペースが8ヶ所で、全体の数字が上海市の上位を占めている。今年もまた8ヶ所の新しい大衆イノベーションスペースが設立し、増加面積が2万平方メートルを超える。

 

サービスの向上を推進し、企業の発展を促進する

 

いかに静安大衆イノベーションスペースの発展と建設をよりよく導くのか。静安は、「サービス」という点に力を入れている。静安は積極的にサービス体制を整え、「静安区行政サービスセンター」の総合サービス優位を発揮し、政府部門の審査事項を整理し、センターの「ワンストップサービス」のサービス内容に導入し、企業が複数の機構に往復奔走することを最大限に減少することに取り組んでいる。また、オンラインサービスプラットフォームの構築を模索し、「インターネット+政務サービス」の役割を発揮し、仕事効率を高めることに注力している。

 

『大衆イノベーションスペースの発展を促進するため、我々は「政府がスペースにサービスを提供し、スペースが企業にサービスを提供する」ことを強調する。』静安区科学技術委員会の関係担当者は、政府がやるべきことはスペース運営者との連絡やコミュニケーションを強化し、スペースに対するワンストップサービスを強化することだ。そして、スペースの運営者を通じてスペースに進出した企業に対し、個性化、的確化、専攻化したインキュベートとアクセラレートなどのサービスを提供すると言った。「WeWorkアジア太平洋地域の第1号店や中国旗艦店が静安に進出した時、我々は企業を訪問し、企業現場でサービスを提供するという形で、WeWorkがよりよく業務の発展を実現する助力を与えた。」

 

現在、静安区は、大衆イノベーションスペースがイノベーション・創業サービスの展開をサポートし、科学技術創業苗圃、科学技術企業インキュベーター、新型イノベーション・創業サービス組織などに対して毎年業績評価を実施し、優秀者に対して無料インターネット接続、創業指導、創業研修など各種類のイノベーション・創業サービスに補助金を出している。また、静安区科学技術委員会は、いくつかの基礎と条件を備えた大衆イノベーションスペースがブランド化、専門化、国際化した大衆イノベーションスペースの育成を展開し、運営モデルやサービス実績、インキュベート効果で上海大衆イノベーションスペースの発展をリードするように導いている。静安区にある大衆イノベーションスペースの中、4ヶ所が上海市大衆イノベーションスペースのブランド化、専門化と国際化という三化育成リストにランクインした。その中、百聨商業インターネット大衆イノベーションスペースと市北ハイテクビッグデータ専門化大衆イノベーションスペースが専門化育成を獲得し、飛馬旅がブランド化育成を獲得し、「XNode」が国際化育成を獲得し、7ヶ所のインキュベーターが科学技術インキュベーターサービス補助金を獲得し、5ヶ所の大衆イノベーションスペースが新型イノベーション・創業サービス組織サービス補助金を獲得した。

 

静安区が次に大衆イノベーションスペースの建設を推進する時の標尺と参照を提供するために、静安区科学技術委員会は、第3四半期に上海都市イノベーション経済研究センターと一緒に区域内の大衆イノベーションスペースの進展効果、基礎優位、難所・不足及びその深い原因について研究を展開し、そして年末に年度特定テーマ報告書を完成する計画がある。

attachment:
Loading……