Loading……
老舗「鴻翔」はブランド設立百年記念会を行い 「ウィメンズウェアの王」はファッションでより多くの感動と幸せを作り出したい

2017-11-04
【阅读次数:

(記者 邢蓓琳/撮影 余儒文)1917年、金鴻翔氏、金儀翔氏兄弟は中国初めてのファッションブランドである「鴻翔」創り上げた。その後の数十年間において、「鴻翔」は優れた裁断制作技術とファッション的な経営理念で、中国ファッション界のリーダーシップをとる「ウィメンズウェアの王」になり、ある家族の数代女性が鴻翔の服装を婚衣としたという美談がたくさんある。百年間を経っても、「鴻翔」が依然として聳え立っていて、代々伝わる「鴻翔ウィメンズウェア制作技術」が上海市無形文化遺産になり、引き続き新たに輝いている。

 

10月27日の夜、「鴻翔」は静安区のファッションの都である「800show」で「百年潮が引かなく、風吹くと再び出航」というブランド設立百年記念会を行い、再びテイクオフの新しい夢を表わした。静安区中国共産党委員会副書記兼静安区区長である陸暁棟氏、元上海市人民代表大会常務委員会副主任である任文燕氏、上海市商業連合会会長である蔡鴻生氏、上海市商務委員会副主任である劉敏氏、静安区人民代表大会常務委員会副主任兼静安区労働組合主席である葉堅華氏、副区長である周海鷹氏等活動を出席した。

 

陸暁棟氏は挨拶に、静安区は引き続き「鴻翔」ブランドの新たな発展をサポートすると表した。同時に、「鴻翔人」が百年ブランドの文化魂とイノベーション理念を継承し、それを代表している「ますます善美を尽くし、着実に実行する」という職人精神を発揚し、開放と融合を推し進め、次の百年間の将来を創り出すように励ました。

 

ファッションとの百年間の会話

 

その夜、百年記念会は「歳月」、「職人の心」、「蝶の変身」という三つの部分により構成し、「海・上」、「質・品」、「意・象」という三つのファッションショーを主体として、それぞれに「鴻翔」の百年間前の創業、創意溢れの現在と夢を構築している将来と対応し、「鴻翔」ウィメンズウェアの制作技術と設計理念を纏めに表した。60セットの服装がキャットウォークに展示され、まるで「鴻翔」がファッションとの百年間の対話にようだ。

 

「海・上」ショーは上海灘「鴻翔時代」の再現だ。ファッションを率いた上海流のチャイナドレス、値段高いコートと毛皮、有名人が聞いたことがある礼服とウエディングドレス等、16セットの復古服装は視聴者達を20世紀三四十年代にタイムスリップさせたようで、当時の上海流ファッションの定番と花盛りを再現した。

 

「質・品」ショーは「「鴻翔」の職人精神へのトリビュートだ。20セットの現代服装は「鴻翔ウィメンズウェア無形資産技術」の精ずいを代表し、優れた表地、簡潔なデザイン、正確な裁断、精細な処理は、「鴻翔」百年間に伝承されてきた職人、心、作品を表わした。

 

「意・象」ショーは「鴻翔」の将来設計理念の表しだ。百年間に何代にもわたって受け継がれる物静かと優雅は、女性の気高くて練れている風格を創り出し、「鴻翔」が絶えずに設計能力を向上させ、高級オーダーメイドにモデルチェンジしたブランド価値を表わした。「鴻翔」設計チーム責任者は、高級オーダーメイドが体に合わせて服を裁断することだけでなく、品位と経験の表しでもあると示した。今後、「鴻翔」は高級オーダーメイドを新たな姿でみんなの生活に入り、芸術、品質と経典が「鴻翔」で融合し、ファッションでより多くの感動と幸せを創造するように努力する。

 

百年間の職人の心へ敬意を表す

 

百年時代の移り変わりの中で、ずっと変わらないのは「鴻翔」の理想と執着である。百年間の間に、「鴻翔」の師匠たちは、一生の精力を一枚ずつのウィメンズウェアに打ち込んで、針一本糸一筋で「職人の心」を書きだして、「鴻翔人」の態度と温度を一つ一つの作品に伝え、「鴻翔」というブランドを現在でも輝かせた。

 

記念会において、「鴻翔」の二代目伝承者であり、88歳の金泰鈞氏は「特別功労賞」と授けられた。また、彼は自分がずっと使っている裁断工具を「鴻翔」の三代目伝承者であり、2017年「上海職人」の陳健さんに送った。「百歳の鴻翔はまだ老けていなく、新たな百歳があり、新たな輝かしい将来を作れるよ。」それは金泰鈞氏が「鴻翔」への希望で、「鴻翔」各伝承者の責任でもある。陳健氏は、「鴻翔」で40年間働いて、師匠から学んだのは生活のための技術だけでなく、「数十年を一日のように、仕事をちゃんとする」という「職人」精神も勉強した。自分が力を尽くして、技術と精神を伝承すると言った。

 

裾には、大面積の鶴がまるで生きているようで、立体感が溢れた。100輪の梅がみんな違って、香りが漂っているようだ。その夜、赤い錦のマーメイドラインは登場し、満場の「フォーカス・ポイント」になった。それは「鴻翔」の16名の師匠は、一カ月余りの時間をかかって、作った「誕生日プレゼント」であり、「鴻翔」百年職人の心へのトリビュートでもある。鶴は「鴻翔」ブランドが飛べば飛ぶほど高くなり、よりよく素晴らしくなることを象徴した。梅は「鴻翔人」の強靱、勇敢、イノベーションの団体精神と「鴻翔」をより輝かしくならせる自信と決意を代表した。その責任者は、将来、「鴻翔」は職人制作経験を伝承する同時に、常駐デザイナー、ファッションコーディネーター、ファッション顧問等を導入し、お客様へもっと専門的でプレシジョンなサービス、センスがもっといいファッション体験を提供し、ブランドが一流なファッションブランドへの転換を推進する。

 

新たな百年将来を書く

 

100年間を経た「鴻翔」は針一本糸一筋で技術への堅持とイノベーション、及びファッションへのたゆまない追求を残した。現在、「鴻翔」はブランドのモデルチェンジ・グレードアップ、設計サービス能力と全体のブランドイメージの向上を目標として、ブランドのカリスマと職人の想像力を発揮し、次の百年の将来を計画している。

 

その夜、鴻翔会社は正式に「鴻翔伝習所」を設立した。伝習所は陳健氏に始め、「鴻翔」ウィメンズウェアの新世代中堅をリードし、「鴻翔ウィメンズウェア制作技術」の伝承、新世代伝承者の教育に力を入れ、同時に絶えずに新技術を革新し融合し、新しい設計と新しい製品を開発する。

 

鴻翔の親会社である開開グループも正式に100万元の「老舗ブランド支援基金」の設立を公布した。その基金は老舗ブランドの歴史価値の掘り出し、ブランドの物語の更なる発揚、ブランド文化の伝承に力を入れる。老舗ブランドの戦略発展研究、サービスのグレードアップとマーケティング宣伝及び人材の教育と導入に力を入れ、グループ内各老舗企業の永い発展をサポートし協力する。

 

attachment:
Loading……