Loading……
現在の場所 :静安の生活 >> 中国の伝統祝日
    「元旦」という名称は伝説の中国の先帝―颛顼に名づけられたという一説がある。「元旦」という言葉は最初に文献に登場したのは「晋書」中の詩で、このように記述される「颛帝以孟夏正月为元,其实正朔元旦之春」。南北朝時代、南朝萧子雲の「介雅」に「四季新元旦,万寿初春朝」という文も記載されています。
    春節は中国人の一年中で第一の伝統的な祝日です。中国では旧暦の元日を春節といいます。春節を祝う伝統は古くから4000年の歴史があります。紀元前千年以上の殷商王朝からの先祖を祭る行事がその始まりとされます。史書によりますと、紀元前二千年のある日、舜が皇帝となって、部下を率いて、天地を祭祀したという。それ
    旧正月の15日は中国の伝統的祭日「元宵節」である。これをまた「上元節」とも「灯節」とも称する。『史記』の記述によると、西漢の初期、漢文帝周勃(紀元前180~紀元前140年)が諸呂の乱をおさめた日がちょうど1月15日であった。それ以後、漢文帝はこの日を元の日とし、夜になると宮殿を出て民衆とともに祝っ
    旧暦の二月二日が中和節で、また俗に「龍が頭(こうべ)をもたげる日」と言われてきた。この時、啓蟄前後にあたって、万物が蘇生します。伝説によると、龍も蘇生するので、「龍が頭(こうべ)をもたげる日」と称されたから。古い時、龍は神聖な象徴ですので、害虫を除去できます。明の時代、人々がこの日、元旦祭祀から残
    西暦4月5日ごろが清明節で、古い時、三月節ともいい、今まで2000年余りの歴史があります。清明(せいめい)は二十四節気の1つ。二十四節気中で、節気と祝日をかねるのは清明節しかない。清明節はもと祖先を祭る祭りですが、現在になって烈士墓へ参って、烈士を記念するなどの活動が多くなります。中国で清明節は祖
トップページ< 前のページ123次のページ >末页共11記録1/3回すGO
Loading……