Loading……
現在の場所 :静安観光 >> 優秀建築
    延安中路と陜西南路の曲り角に位置し、北欧風情に溢れるガーデン別荘――馬勒(マーラー)別荘がある。1936年落成した。この別荘は当初ガーデンの主人マーラーの最も寵愛する年下の娘の夢によって設計されたそうである。その時、娘さんが「アンデルセンの童話のようなお城」を持ったことを夢見た。それでマーラーはデ
    元上海仏租界にある巨籟達路(現巨鹿路675号)は上海で既に名高い番地となっている。70余年の風雨の浸蝕を経て劉氏ガーデンの外壁が少々古びたが、老いぼれることもなく、元通りの逞しい姿勢と美しい容貌を持っている。 劉氏ガーデンは前世紀20年代半ばに劉吉生という企業家により投資、建設されたものである。兄の劉鴻生は尚更上海に名を馳せる大物の企業家で、「石炭王」「マッチ王」「セメント王」と呼ばれていた。
    延安西路64路は上海市少年宮の場所だと全ての上海人が知っている。しかし、そこがカドリ住宅たった歴史を知っている人は稀にいない。 ここの元主人エリスカドリ(EllisKadoorie)は英国籍のユダヤ人で、考えてみるだけで生まれ付きの商売人だというのが分かる。500香港ドルで裸一貫から上海と香港における有名な実業家の大物に辿り着いた。 カドリ住宅は一つの悲しい物語から生まれた。1919年カドリの元住宅が火事になり、奥さんがお手伝い
Loading……