Loading……
現在の場所 :静安観光 >> 宗教スポット
    静安寺は最初に三国東呉赤鳥十年(紀元247年)、呉淞江(現蘇州川)の隣に建てられ、沪渡重玄(元)寺と名付けられていた。唐代に永泰禅院と改名され、宋大中祥符元年(紀元1008年)初めて静安寺に名付けられた。宋嘉定九年(紀元1216年)、寺の所在地が河岸に近く、寺の地盤が傾き崩れる危険があったので、芦
    延安西路434号に位置し、漢民族の仏教全国重要寺院の一つである。現代愛国高僧円瑛法師により1935年の秋に創建された。その名前は二方面から付けられた。つまり、一、仏教の最高理論「円遍十方、明照法界」の意味から取っている。二、仏教の長幼の順序に従い、円瑛とその弟子明旸の名前から文字を取っている。現在円瑛法師記念堂の古いビルは弟子の顧蓮成夫婦により寄付されたものである。その後の新しいビルは美麗円酒店を建設した際に同時に建てたものである
    常徳路418号に位置し、仏教在家信徒が宗教活動を行う場所である。1908年創建され、最初に錫金公所(現海寧路)に位置していた。その後哈同路(現同仁路)に移動され、1956年その他の信徒団体と合併し、現在の覚園に移転した。 覚園は元の名前が南園で、1910年に建てられ、民族資本家、南洋兄弟煙草会社の創設者簡照南、簡玉階兄弟の自家ガーデンだったが、その後仏教に寄付された。覚園に寺院式の殿宇が三軒あり、隣に香光堂、法宝館等の建築がある。園内に九曲橋、築山、歩
    大通路(現大田路)に位置しているので、大通路カトリック教会とも呼ばれている。1920年に建てられた。小德肋撒はフランスLisieuxのシスターで、亡くなった時はたっだ24歳だった。彼女の自伝『霊心小史』は中国語に訳された。1925年ローマ法王に聖女と選ばれた。上海カトリック教区は彼女のことを記念するため、この教会を建設した。1993年回復されて以来現在までオープンしている。
    光緒26年に創建され、創建者の一人戚慶才牧師は全国三自愛国運動の発起人の一人である。最初に教会は虹口四川北路に位置したが、8.13事変後、王家沙ガーデン(現北京西路)に移動し、その後陕西北路の平安大劇院の二階に、また1941年現在の陕西北路375号に移転した。1958年聯合礼拝が実施され、懐恩堂は静安区における唯一の聯合礼拝教会になった。1994年上海市政府に市レベルの建築保護団体に選ばれた。長年の損傷で、1998年から静安区キリスト教両会のリーダーに従い
トップページ< 前のページ12次のページ >末页共6記録1/2回すGO
Loading……