ホーム >> サービス >> 投資

    蘇河湾核心商圏に新星が閃く――静安都市商務CBD凱徳・星貿が正式に開業

    2017-10-02

    9月1日、1、12、13号という三つの地下鉄線路の交差点に位置する漢中路駅の地上では、商業、オフィス、住宅を一体化する凱徳?星貿が正式に開業した。区委員会副書記、区長陸暁棟、副区長周海鷹、凱徳グループ中国エリアCEO羅臻毓、上海申通地下鉄グループ有限公司総裁顧偉華などが開業儀式に出席した。情報による

    企業向けのサービスを深め、「三つの強化」を確実に実行

    2017-10-02

    企業向けの仕事の量が多い上に、関連する分野が多くて責任が重い、各部門、各街道が協力し合って事業を展開する過程中に少ない成果を収めたが、一定の難問に出合ったこともある。我々は目前の思想解放大討議という希にあるチャンスを把握し、市委1号課題の各項目の要求にきちんと対照し、街道内の企業へサービスを提供する

    2016陸家嘴フォーラム浦江夜話静安金融の夜が開催

    2017-10-02

    「双創」の時代においての金融資本の新たなチャンスを熱議6月12日、静安区人民政府が実施側となる2016陸家嘴フォーラム浦江夜話静安金融の夜が開催した。区委員会副書記、区長の陸暁棟が出席し挨拶をした。区政府弁公室、区発展改革委員会、区商務委員会、区科学技術委員会、区市場監督管理局、区税務支局、区投資弁

    斡旋・仲介をし、共に勝ち抜く――静安区が積極的に第十一回上海市金融商談会

    2017-10-02

    第十一回上海(中小企業、零細企業)金融サービス商談会が2017年6月28日‐30日に上海万博展覧館で開催した。区金融弁が蘇河湾ホールディングス、大寧資産管理、市北ハイテクゾーンなどの機能区、一部の重点産業ゾーン、金融機構、金融サービス企業およびイノベーション型金融企業など12個の単位を率いて出展した

    宣伝のカバー範囲を広げ、金融リスクの予防意識を強化

    2017-10-02

    「2017年コミュニティ金融巡回宣伝?説明」開幕儀式および区法院金融審判白書公布儀式2017年6月27日午後、区金融弁、区人民法院金融審判廷が共催する「コミュニティ金融巡回宣伝?説明」イベント開幕式が文新グループビルで開かれた。周海鷹副区長が出席し、市金融弁、区違法金融活動打撃指導チームのメンバー単

    金融の安全性に注目・静安区が「コミュニティの金融巡回宣伝」活動を開催

    2017-10-02

    大な金融リスクの発生につれて、都心部である静安区では金融安定の情勢も厳しくなっている。静安区政府は一貫として金融安定を重視し、多方面との協力し合いを通して共に健康的かつ安定的な金融環境を作り出す。「コミュニティ金融巡回宣伝?説明」イベントを主催することは、静安区が普恵金融を更に推し進め、金融リスト予

    静安区行政サービスセンターが除幕されて成立

    2017-10-02

    4月1日、静安区行政サービスセンターが秣陵路38号で除幕式を挙行し成立を宣告した。安路生、陸暁棟、鄧小冬、劉燮、鮑英菁、潘子罕、周海鷹、姚凱など区の指導者らが出席して共に除幕をした。区委員会、区政府の統一的な部署により、静安区行政サービスセンターは「一流の環境、一流のシステム、一流のプロセス、一流の

    協力を強化し、ウィンウィンを目指す――静安区新築重点ビル座談会および戦略提携締約儀式を挙行

    2017-10-02

    6月27日午後、静安区新築重点ビル座談会および戦略提携締約儀式が巨鹿ビルで挙行され、周海鷹副区長が出席した。区投資弁公室、蘇河湾ホールディングス、上海市ハイテク機能区の関係担当者および興業太古匯、博華広場、金融街(静安)中心、越商ビルなどのビルの所有者代表も参加した。座談会進行中、新築重点ビルの所有

    蘇州河エリアの建設を加速させ、 上海都心部新ランドマーク造りに全力を尽くす

    2017-10-02

    上海の蘇河湾区域では「蘇州河を跨る」両岸の合併が実行される予定で、上海の現代と歴史が溶け合う独特な文化遺産を体現する新静安蘇河湾区域が上海のもう一つの都市文化の「ランドマーク」になる。静安区は蘇州河をめぐる「一河両岸」発展計画を深めて最適化にし、国際向けの計画案の募集を主催したり、両岸の資源を統合し

    「印象蘇河湾:金融サブ中心地域」研究成果のまとめ

    2017-10-02

    金融史専門家?上海財経大学杜恂誠教授、都心部史専門家?上海社会科学院馬学強研究員、上海市政府発展研究センター改革研究処処長銭智、静安区金融弁公室副主任黄永前などが評価審査会に出席し、研究成果にコメントをした。「印象蘇河湾:金融サブ中心地域」研究プロジェクトは「回顧、立止、展望」を脈絡とし、蘇河湾沿い

トップページ< 前のページ12次のページ >末页共12記録1/2回すGO