ホーム >> 当区状況 >> 開発計画

発展計画

原稿発送の期日:2017-10-02

訪問回数:

発展目標

「第13次五ヵ年計画(十三五)」における静安の経済社会の総発展目標とは:より経済力が強く、環境が美しく、民主が発達し、文化が繁栄し、社会が調和する「国際静安、夢の楽園」を全面的に建設すること。2020年まで、ハイエンド現代サービス業システムは基本的に形成し、経済発展の質量と収益は持続的に向上し、改革・革新の効果は全市の前列に立つ;グローバル都市核心地区としての地位が目立ち、都市の国際影響力が著しく高まる;蘇州河両岸一体化のイメージが大筋を表し、都市交通システムが一層効率的で便利になり、総合環境品質がより優れるようになる;大衆の幸福感と満足度が顕著に上がり、より高レベルの小康社会を全面的に実現し、革新創業の活力市街区、均衡均質の調和市街区、精緻で綺麗たる市街区、自由開放の国際市街区、居心地のいい幸福市街区を築き、「中心市街区の模範と、上海発展の注目点」を成す。具体的な目標は:

——経済発展の質量と収益を著しく上げること。当区の経済は健康な発展を続け、一般公共予算収入は平均的に一年に8%増える。産業構成が段々最適化され、サービス業の税収割合は95%にも達する。革新要素が高度集中し、革新創業の活力が段々上げられ、ハイテクノロジー企業は計280社となり、革新発展環境は顕著に改善される。全面的に改革を深め、大きな躍進を遂げつつ、知能市街区への建設は全市において先頭を走る。

——市街区機能の協調発展レベルが段々上がること。市街区の空間分布はより最適化され、機能は完備になり、高レベルの空間融合、資源統合と文化交わりを示す。市街区の発展と人の発展が合わせ、社会管理と経済発展のレベルは同時に向上され、現場管理システムはより完全に成り、社区共同管理、住民自治能力と自治レベルは段々上がり、社会管理革新は全市の先頭を走る。公共安全管理システムは健全になりつつ、社会も安全さと穏やかさを保ちつつ、全区が均衡的な発展を実現する。

——市街区の総合イメージと管理レベルは成長し続けること。都市の更新は有序的に進んでおり、多くの二級以下の旧市街は改造を基本的に完成させる。道路交通ネットはより完全になり、新築・改造・拡張した道路は25.4キロメートルになる。市街区の生態をより綺麗にし、公共緑地を26.5万平方メートル増やす。市街区の環境品質が続々と向上し、町並み環境総合ランキングにおいて中央市街区の前列に立つ。資源節約集約利用レベルも明らか上げられ、単位工業増加値にエネルギー消費量は市においても低レベルを保つ。市街区細部化管理のレベルは顕著に向上し、全市の都市管理模範区になる。

——市街区の文化影響力と国際影響範囲が持続に向上すること。全体経済集中度は国内先頭で、国際上も比較的に高く順位に立ち、国際標準に合わせた投資・運営環境はより発達に成り、グローバル資源の配置能力はより高まり、上海現代化国際大都会建設中の核心位置として段々物を語るようになる。国際交流イベントは豊富多彩で、多元文化の交流をより深め、市街区の影響力と影響範囲は顕著に増強される。全国文明市街区を作ったという成果を固め、市民の文明素養と市街区の文明程度をより一層高める。

——大衆の獲得感と満足度は段々上がること。福祉保証と改善により強い力を注ぎ続け、市民の収入レベルと生活質量を段々上げる。公共サービスシステムはより健全になり、均等化程度も一層深めた。社会保障と援助システムは一層完全に成り、社会老後サービスシステムも基本的に建てられ、年配者友好式市街区としての建設は速める。教育の現代化レベルは続々と向上し、市民健康素質も段々上げられ、大衆の幸福感、獲得感を持続に強くする。

 


attachment:
0