雷允上で「手作り丸薬」の最も若い後継者 黄亦緑の希望 小さい薬用の篩で漢方薬の国粋を継承

原稿発送の期日:2017-09-30

訪問回数:

IMG_256

(記者 刑蓓琳)直径が約1メートルの一つの竹の篩、一壺の清水、一つの薬用の勺、一つの水用の勺、一つの薬用の刷。このようないくつかの日常的な工具で、刷り、転がり、揺れなどのような動作を繰り返すことによって、散薬を豆の大きさと同じ、むらがない手作りの漢方丸薬にする。

このような「不思議な変化」を完成するのは、「80後」の若人の黄亦緑である。現在、35歳の黄はすでに雷允上西区会社で漢方薬の伝統的な技術――手作り丸薬を習得した有数の「玄人の薬剤師」の一人になる。

直径が5ミリである丸薬

丸薬を作る篩で適量の清水を刷り、薬粉を撒いてから、両手で篩を持って回し、篩についた薬粉を刷り下し、また両手で篩を持って力を入れて反時計回りの方向で回している。薬粉は篩で集まって大きくなると、黄は再び水を刷り、薬粉を撒き、薬粉を回し、薬粉を刷り、このように繰り返し、丸薬が大きくなり、直径が0.5ミリ~1ミリぐらいの球形粒になってから、大きすぎ或いは小さすぎの異形丸を篩い出し、「これらは薬引です。」黄亦緑は篩での大きさが違う丸薬を指して言った。

その後、黄亦緑は篩における不合格的な薬引を篩い出し、また水を刷り、薬粉を撒き、篩を回し、揉み、打ち、ひっくり返し等の動作を加えて、このように40分ぐらい循環交替して、二百五十グラムの薬粉は一つ一つの規格サイズが同じで粒が大きい丸薬になる。選別の工具で測ると、薬丸ごとの直径は5ミリぐらいである。このような伝統的な手作り丸薬の技術は簡単そうに見えるが、実際の製作でミスを犯しやすいと黄亦緑は話した。薬粉と水との比例を把握しがたいのみならず、手と腰の力によってすべての丸薬の大きさが均等であることを確保するということも非常に難しい。「たとえ一つの丸薬は1グラムに足りなくても、その製作過程も完全な力仕事です。フラフープを回すように、それは全身運動です。」黄亦緑は額の汗を拭きながら言った。

『黄帝内経』が世に出てから、漢方薬の丸薬の製作が出現し、今までに数千年の歴史があると黄亦緑は記者に言った。現在、機器で丸薬を製作することができても、手作りの丸薬はもっと均等であり、また、多くの小さい漢方薬丸薬の処方を手作りのみで完成する。手作り丸薬は服用者の都合によって丸薬の大きさを調整するだけでなく、機器製薬より少なくとも10%の生薬の消耗量をも減少することができる。残念ながら、現在、手作り丸薬の技術を習得した薬剤師が少なくなり、雷允上西区会社に手作り丸薬を作られる薬剤師は10人を超えないで、その中で、多くの人はもう六十歳以上である。

700余種の漢方薬の性質を熟達

「人間に常に使用される漢方薬は概ね700余種あり、草類、根類、種子、果実、鉱物類、動物類などを含んでいます。」漢方薬と言えば、黄亦緑がよく喋りました。「異なる漢方薬に異なる性質があります。根茎類のような生地黄と熟地黄は、粘りが比較的に強いです。オオヤモリのような動物は油が比較的に多いです。一部の鉱物質の薬引は粉を打つ前に水で煮なければいけないで、一部に火をかけて炒める必要があります。各種の生薬に水を加える比例が異なり、多すぎた水を加えると、薬引が役に立たないで、水が少ないと、薬に水分が足りません。」黄亦緑は、丸薬の作りを学習し始めた時、自分が多すぎた水を加えたので、丸薬を薬の餅に作った。

黄亦緑は自分が手作り丸薬の学習に夢中していると言った。「その時、暇があれば、丸薬を作る動作を練習しました。手がだるくなると、少し休んで、また練習しました。」習い始めた時、毎日少なくとも十数時間練習したと黄亦緑は言った。自分が家で一つの竹の篩を専らに買って、仕事中の練習が終わった後で、退勤して家で練習し続けた。「新しい丸薬を作る方法を探り出すことは籤に当たることよりもっと嬉しいです。」日々の訓練を通して、黄亦緑はようやく手造り丸薬の技術を習得し、同僚の間で優れた技術者になり、多くの年老いた薬剤師は黄の手作り丸薬の技術を誇る。

心から愛して、苦しみに耐えると技術が習得

現在、黄亦緑は手作り丸薬で「玄人」のみならず、適任の処方を作る人と技術が熟練した定斎の「玄人」でもある。皆に驚かせるのは、いくつかの技術を習得した黄亦緑は最初の専攻は漢方薬の作りと無関係の機械電力である。2007年、黄亦緑は漢方薬が好きなので、雷允上西区会社の招聘に応じて倉庫管理人になった。それから、黄は漢方薬の生薬に没頭して、「素人」から「薬剤師」への学習を始めた。自分が手作り丸薬という技術をよく習得したのは漢方薬に対する愛と苦しみに対する忍耐力を持っているからだけであると黄亦緑は記者に照れて言った。「私は学習と練習で他の人よりもっと多くの時間がかかりました。学習中でいつも自分に問題を提出して、考えて、できるだけそれを最高にします。」

手作り丸薬の継承苦境と言えば、習得した手作り丸薬の技術をもっと多くの漢方薬を好む人に教えたいと黄亦緑は記者に言った。「もしこの古い歴史を持っている技術が私たちの時代で伝承を絶えれば、とても悔しいですよね。」

 

attachment:
0