困難に面して不屈する意志

原稿発送の期日:2017-10-05

訪問回数:

1935618日、ある高くて従容たる人は刑場へ向かっていき、激しい銃声を伴って、一人の若者が亡くなった。しかし、国家の解放、民族の独立、人民の幸福を追求しつつある革命信念は依然として存在しており、不屈な革命意志は小さい火花のように、中華大地で蔓延しつつあり、すくすく生長した。

IMG_256

瞿秋白

血に倒れていた若者は中国共産党の早期の重要なリーダーの一人である瞿秋白であった。瞿秋白は1899年、江蘇省常州に出身して、少年時代の彼は賢く勉強が好きで、骨身惜しまず勤勉であった。五四運動が勃発した後で、彼は強い熱情で学生運動に投身して、北京学生愛国運動のリーダーの一人になった。

19209月、瞿秋白は北京『晨報』の招聘を受けて、特約通信員に担任して、決然として“皆に明るい道を探る”ために、旧ソ連に考察したり、取材したりした。旧ソ連に居た二年間、彼はマルクス主義の著作とボルシェビキ党の文献をこつこつ読み、末端組織に深く入り込んで各階級各領域の異なる人たちに接触し、実戦によって、旧ソ連の政治、経済、文化、外交、民族、宗教等の各領域の生活状況を考察すると共に、勉強によってマルクス唯物主義の世界観を築いた。極東大会はモスクワで開催された時、瞿秋白は依然として会議に出席した。この時の彼は重病を患っており、医者が彼の一つの肺がすでに化膿して、二、三年だけが維持できると言った。しかし、瞿秋白は相変わらず昼夜を分かたず一心に翻訳しており、千里以外の祖国と人民を念頭に置いていた。

1923年6月、『新青年』は月刊から季刊になり、瞿秋白は総編集長を担っていた。

 

19236月、『新青年』は月刊から季刊になり、瞿秋白は総編集長を担っていた。

国内革命の必要のために、瞿秋白は1922モスクワを離れて、シベリア鉄道に沿って国に帰った。中国共産党の第2次全国代表大会後、彼は中国共産党の機構紙である『新青年』(季刊)、『前鋒』の総編集長と『向導』の編集を担任していた。彼は以上の刊行物に多くの政論文章を発表して、マルクス主義に基づいて中国の国情を分析し、中国の社会状況を考察し、中国の革命問題を論証し、中国共産党の思想理論建設にパイオニア貢献をしていた。

その後、中国国民党の第1次全国代表大会で、瞿秋白は国民党の中央執行委員候補に当選し、後で国民党中央政治委員会委員を担任し、国共合作に多くの飛び抜けた貢献をしていた。中国共産党の第456次全国代表大会で、彼は中央委員と中央政治局委員に当選して、1925年にで行なわれた義に参加し指導して、中国共産党の重要なリーダーの一人になった19278月、革命が失敗するような危機時刻に、瞿秋白は八七会議を主催し開けて、土地革命と武装で国民党への反抗という総方針を確かめ、中国共産党と革命を適時に救った。

1931年、王明の誤った打撃のせいで、瞿秋白のリーダーの職務が取り消された。彼は冷静に一切を処理し、中央の要求に応じ、共産国際と中央に手紙を書いて責任を取り、非難を受けた。彼は文句を言わず、左翼運動に投身して、上海に行って魯迅と一緒に戦い、深い友情を結んでいた。この間で、瞿秋白の生活が非常に苦しくて、一家に毎月167元だけの生活費があり、彼は厳しい肺病にかかって、毎日16時間以上仕事していたが、依然として落ち着いており、   親友、同僚の前で少しでも不満の情緒を表していなかった。1933年の秋冬まで、瞿秋白は左翼作家連盟を約三年指導していた。彼は上海を離れた時に、みんなは惜しんで、茅盾は“左翼の文壇に二人のリーダーがおり、瞿霜と魯迅はそれぞれ優れたところを持っている。”という詩を書いて称賛した。瞿霜は瞿秋白の学名であった。

1923年7月、中国共産党中央委員会が『前鋒』(季刊)を創刊し、瞿秋白は総編集長を担任していた。

19237月、中国共産党中央委員会が『前鋒』(季刊)を創刊し、瞿秋白は総編集長を担任していた。

19342月、瞿秋白は中央革命根拠地である瑞金に行って中華ソビエト共和国中央執行委員会委員、人民教育委員会委員、中華ソビエト共和国中央政府教育部部長等の職務を担任していた。19352月、福建省長汀県で国民党に逮捕された。敵は自分の独裁者政治を固めるために、この人気があり、国内国外で有名で、人民に尊敬された偉人を勧誘し、抱きこむと企んでいた。しかし、どんな手段を取っても、どんな誘惑を行っても、瞿秋白はずっと革命気迫を続けており、少しでも動揺していなかった。敵は何も獲得していなかった。彼は長篇の供述で、中国共産党と中華ソビエト共和国を熱情に謳歌し、国民党の罪悪に満ちた行動を摘発し、自分を監守していた将士にも革命道理を宣伝していた。怒っていた国民党は最終的に瞿秋白に死刑を執行すると決定した。

1935618日は死刑を執行する日であり、彼は相変わらず落ち着いて、物静かであり、少しでも恐れる気色がなかった。銃殺命令に対して、彼は“人生に短い休憩があり、これから私は長い休憩を享受します。”と落ち着いて言った。敵の銃刀の監視下、瞿秋白はゆっくりとして刑場に行って、手でタバコを挟んで、従容であり、緩やかに前に行った。途中、彼は小さい声で『国際歌』、『紅軍歌』を歌い、“中国共産党万歳”、“共産主義万歳”等のスローガンを叫んでいた。刑場に到着した後で、彼はあぐらをかいて草地に座って、死刑執行人に“ここはいいですね。”と微笑んで頷いて言った。弾丸を身に受けて、従容として正義のために死んだ。その時の彼は36歳だけであった。

毛沢東は昔瞿秋白を高度に称賛した:“革命が難しい年で英雄の立場を続けて、殺されても屈服しませんでした。人民に仕事をしていた精神、困難に面して不屈する意志と文字で保留された思想は永遠に存続していますよ。”

(図文出所:中国共産党の第2次全国代表大会開催地記念館)

 


attachment: