党則の力を吸収 先鋒精神を発展

原稿発送の期日:2017-10-05

訪問回数:

上海の都心で、両列の石庫門建物が静かに立ち、真っ黒な門、ピカピカの掛け金、斑になっているドライ壁、きれいな彫刻がある横木は上海人を百年以上温かくしている典型的な画面を定格し、普通の町から革命揺りかごへの時代伝説を続けている。ここは南成都路補徳里625号(現老成都北路7番地30号)――中国共産党の第2次全国代表大会開催地記念館の所在地であり、ここも中国共産党の第一部党則の誕生地である。

中国共産党の第2次全国代表大会で通った『中国共産党の組織規約についての決議案』

中国共産党の第2次全国代表大会で通った『中国共産党の組織規約についての決議案』

一般的には、中国共産党の第2次全国代表大会の党則は略称で、第2次全国代表大会で通った『中国共産党の組織規約についての決議案』と『中国共産党規約』という二つの規約を含んでいる。前者は綱領部分の機能を担っており、後者は条文の性質を備えている。

二つの規約は3000余字だけがあり、しかし、非常に貴重であり、中国共産党が創立したばかりでの基礎的な仕事に不朽の手柄を立てている。

『中国共産党の組織規約についての決議案』は中国共産党無産階級先鋒隊の性質を明らかに定義していた。“急先鋒”は中国共産党員の早期事業に対する一番良い説明であり、継承者に対する最高要求でもある。彼らは他人より敢然として戦う気迫を持っており、中国人民を引率して、革命、建設、改革途中で次から次への勝利を取った。今まで、先鋒隊の性質が依然として踏襲され且つ発展されている。

中国共産党の第2次全国代表大会の党則は中国共産党が建設中で従わなければならない二つの原則を提出した:一つ目は、人民大衆と密接に関連している。中国共産党の第2次全国代表大会が終わった後、盛んでいた労働者、農民、婦女、青年の運動は共産党員が人民大衆に深く入り込むという要求を実践する最も直接の体現であった。二つ目は組織の規律を厳しく守らなければならない。中国共産党の第2次全国代表大会は中国共産党の中央、区、地方、支部及び組という五つの組織設置システムを初めて構築した。以後の“支部を連に立てる”ということに根拠を提供し、中国共産党員を効率的に整合して団結して、組織に協調性と秩序性があるようになり、戦略要地の機能を発揮させた。

現在、歴史が長い第一部党則を開けると、依然として文字から知恵と力量を吸収することができる。早期の共産主義者は中国共産党員の第2次全国代表大会の党則の制定を催したのみならず、党則も積極的に実践していた。彼らの事績から中国共産党人の生まれつきの己を反省して身を修め、己を厳しく律するという精神を見えて、手本の力を吸収し、純潔さを維持するように私たちを教え導く。

“人に精神がなければ立たないで、党に精神がなければ強くならない。”早期の中国共産党人は自分の実際行動で自身の修養を強化しつつあり、自身価値を実現する“個人夢”を民族偉大復興を実現する“中国夢”に融け込め、強い共産主義信念を樹立した。

陳独秀は中国共産党の主要創始人の一人でもあれば、早期の主なリーダーでもあった。性格が極めて激しい彼は封建桎梏から解放し、巨万の家財を諦め、理想を追求するように一生で力を傾けて戦っていた。一生で八回指名手配され、五回逮捕された。この性格が激しい硬骨漢は強大な反動統治に屈服しなかった。“行動に物恥じがないで心は素直で、苦境にいても気迫も虹のようである。”これはこの共産主義戦士の楽観的な人生態度であった。

劉少奇によって指導された安源の労働者大ストライキ (油絵 施紹辰作)

劉少奇によって指導された安源の労働者大ストライキ (油絵 施紹辰作)

“農民運動大王”である彭湃は地方の名士の家庭に出身して、錦衣玉食を捨てて、素朴な衣服を着て、赤足で農村に行って農民に深く入り、海陸豊運動をうまく指導した。中国共産党の第2次全国代表大会が終わった後、劉少奇は会議の精神を貫くために、安源に行って李立三と一緒に労働組合の業務を進め、みずから体験し努力実践しており、労働者農民に深く入った。これらは側面から党則が体現した原則と精神を表明し、労働者、農民、婦女、青年等の実践運動の推動によって、党則は徹底的にやり抜かれ、著しい執行効果を生み出した。

鄧中夏は全国労働組合総連合会の事務総長、宣伝部長、江蘇省委員会書記、広東省委員会書記等の職務を担任していた。1931年、極左冒険主義の迫害のせいで、鄧中夏は職務が取り消され、転任命令を受けて上海に行って“自分批判”をした。次から次への政治打撃を遭ったので、彼の生活は絶対絶命の境地に陥り、生まれたばかりの子供を育てる力もないので、痛みをこらえて他人に送った。彼は“共産党員は必要があるところに行くべきですよ。”といった。寂しさに耐えられ、貧しさに満足でき、原則が守られていたということは、彼に特殊な時期で党の規律と組織の手配を従った手本にさせる。

労働者たちと一緒にいる王尽美 (連環画 銭定華作)

労働者たちと一緒にいる王尽美 (連環画 銭定華作)

“ミスを改正すれば許し、喜んで他人の意見を受け入れる。”中国共産党人はずっと色々な意見を包容する気迫と時代に同時に前進する精神を持っている。

大きな面からみると、中国共産党が重大な歴史転換点で作った方針と政策改定はすべて高度の自我改善メカニズムを体現していた。中国共産党の第2次全国代表大会で、幼い中国共産党は共産党人の早期リーダーの指導下で、重大な政策改訂を経験し、他党と連盟しないという状態から国共合作への転変を実現した。小さい面から言えば、中国共産党人は責任を取って、自分批判をするという伝統を持っている。193010月下旬、中国労農紅軍第二軍団で政治委員を担任していた鄧中夏等は軍隊を率いて揚子江を渡って南へ進撃したところで、“兵力を集中し、陣地を選択する”という戦略を取ったので、損失が重大であった。その後、鄧中夏は自分のミスを直言した。“第二軍団の政治リーダーのミスについて、私は主な責任を取らなければなりません。私に第二軍団で最後の決定権がなくても、誰かの意見を問わず、政治委員会が決議を同意すると、私は責任を取らなければなりません。”と彼は言った。周恩来は、“ミスがあれば、人に会って言って、同志からの監督も得れば、同志に参考を提供することができます。”と話した。素朴な言語と正直な行動は中国共産党員がミスを正視し、自分批判をする高度な責任感とおおらかな胸襟を体現していた。

中国共産党の第2次全国代表大会で通った『中国共産党規約』

“身を殺して仁を成し、身を犠牲にして義を取る。”これは中国共産党員が理想を追求するために自我犠牲の最高境界である。革命年代で、これは共産主義のために水火も辞めないで何ごともないであった。

中国共産党青島市委員会書記鄧恩銘は裏切り者の告発のせいで逮捕された。彼は牢獄で屈服しないで、共産党員を組織して、危ない脱獄を数回図った。肺病にかかったので、体が支持できなかった。鄧恩銘は脱獄が失敗したので、敵に銃殺され、その時の彼は31歳だけであった。いまわの際になって、彼は家族にこのような手紙を書いた:“三十年の歳月は一瞬であり、仕方がないのは壮大な志がまだ実現されていない。私の死を惜しまないで、後輩は必ず先輩の意志を伝承する。”1931年、蔡和森は逮捕された。牢獄で、彼は残酷な刑罰を受けて、他人が彼の様子を見て、すべて涙を流した。敵の残酷な刑罰は蔡和森の強い意志を損害しないで、犠牲の時、彼は36歳だけであった。

今日、平和時代で“犠牲”の概念は更に全面になり、深刻になり、特殊な時期で生命を奉献することを除いて、共産党人の滅私奉公と多くの貢献をするという貢献精神に体現している。この犠牲精神は始終共産党人の血液に存在すべきで、共産党人の屈服しない節操を体現している。

第一部党則の誕生は中国共産党が最終的に建党偉業を完成したということを表明していた。中国革命という列車に動力が充分である機関車があり、この若い政党も赤い物差しで全党の成員を考察するようになった。今日は中国共産党の党則の生誕95年で、私たちは再び党則を読み、精神力量を吸収し、核心価値を導き、先鋒精神を発展しよう。

(図文出所:中国共産党の第2次全国代表大会開催地記念館)

 


attachment:
0