中国共産党の第2次全国代表大会に出席した代表たちの精神コードについての解読

原稿発送の期日:2017-10-05

訪問回数:

IMG_256

中国共産党の第2次全国代表大会開催地は“党の誕生地”に関する重要な革命遺跡の一つである。1922年、大会に出席した12位代表は北国の長い夜の星を帯び、広東大地の南風を浴び、揚子江の波の音を聞きながら、ここに集まって、建党偉業を打ち合わせた。早期共産党人の優れた人格と革命伝統は約百年の歴史風雨を経験し、同じ流れが汲まれて、世代から世代へと引き継がれている。今日まで、“正しい進路へと導く明るい灯”のように、我々を指導して社会主義核心価値建設を実践し、国家が富強で、民族が復興し、人民が幸福であるという“中国夢”を照らしている。

信仰によって築かれた精神力量

IMG_257

陳独秀

人に精神がなければ立たないで、党に精神がなければ強くならない。中国共産党は誕生してから、精神形態、精神気質、精神気風、精神伝統を育てたり築いたりしはじめて、中華民族の偉大復興に関する史書に数多くの生き生きとしている精神財産を残している。19227月に開催された中国共産党の第2次全国代表大会は中国共産党の歴史上で重要な地位を占め、会議は初めて七つの“第一”を提出して、中国共産党の第1次全国代表大会と一緒に中国共産党を創立するという任務を完成した。12人は大会に出席して、彼らは陳独秀、張国燾、李達、楊明斎、羅章龍、王尽美、許白昊、蔡和森、譚平山、李震瀛、施存統等であった。これらの19世紀の80後、90後の有志青年は、年齢、家庭と経歴が異なっても、同じ執着追求と理想信念を持っていた。95年前、このような精神信念の指導下で、彼らは祖国を念頭に置き、世界に目を向けて、マルクス主義中国化の先駆けを切り開いて、民族を振興するという重任を担っていた。95年後、私たちは再び往事を振り返って、早期共産党人の精神コードを解読する。

彼らは情勢が目まぐるしく変化する時代で生活し、強い愛国心と深刻な憂患意識を持っていた。民族の危急時刻に、彼らは声高らかに勇ましく前進し、個人の安危と栄辱を度外視し、共産主義の強い信念と崇高な理想を現実の革命を指導する駆動力としていた。これによって、中国人民が自由、民主、幸福のために奮闘しつづけるという前進の道を指導していた。

陳独秀は中国共産党の主要創始人の一人でもあれば、早期の主なリーダーでもあった。中国共産党の第1次全国代表大会から第5次全国代表大会まで、彼は中央の最高指導者に当選していた。子供の頃、陳独秀は家庭の影響で、封建教育を受けたが、性格が激しい彼は封建桎梏から解放し、巨万の財産を諦めて、長い間で漂泊し、理想を追求するために一生で奮闘していた。彼は若いとき、日本に行って、西洋の資産階級が封建制度を反対するという思想体系をシステムで受け取った。帰国後、彼は安徽の革命運動に積極的に投身して、革命派になり、中国の“三千年の黒い歴史”を終結させるために、勇敢にまっしぐらに前進し、苦境で色々な犠牲に耐えられ、何ものも恐れない革命気迫を表していた。中国共産党の第1次全国代表大会が終わった後、陳独秀は中央局書記に当選して、中央の業務を担当し、労働者運動の初回の高調を推動した。陳独秀を代表とした中国共産党人は、第1次全国代表大会から第2次全国代表大会までの短い一年で、失敗から教訓を吸収し、理性の角度から革命の前途を考え、革命の潮流に熱情に投身していた。中国共産党の第2次全国代表大会が開かれる前に、陳独秀は既に2回逮捕されたが、この激しい硬骨漢は反動統治を屈服しないで、戦いをすればするほど、勇敢になってきた。彼は“世界文明の発祥地が二つあります:一つは科学研究室で、もう一つは牢獄ですよ。私たちのような青年は研究室から出て牢獄に入り、牢獄から出て研究室に入ると立志すべきで、これは一番高尚で優れた生活ですよ。 ”と楽観的に言った。19227月、中国共産党の第2次全国代表大会が開かれる前に、中国労働組合書記部が差し押さえられ、李啓漢が逮捕されたので、上海の情勢が厳しくなり、陳独秀は他人の口説きを度外視し、上海に正義のためにりんとして屈しないで滞在し、予定の通りで、中国共産党の第2次全国代表大会を開いた。李達は“私たちは陳を尊敬するのは、彼は必死に新しい思想を発展し、主義のために苦境を我慢することができる人からですよ。”と評価した。

王尽美

王尽美

中国共産党の第2次全国代表大会の山東省代表である王尽美は小作農の家庭に出身して、世代が圧迫された運命は彼に搾取制度を深刻に認識させた。彼は同じ階級の貧しい農民のように、圧迫された運命を改変するということを切望し、しかし、他人と違うのは、彼も愛国心と強国の夢を持っていた。中国共産党が成立した後、王尽美が担任していた仕事が多くなっていた。彼は鉱区の労働者間で業務を進め、労働者の炭で黒くなる手を熱心に握って、“あなた方の手は炭だらけであっても、世界を創造することができますよ。”と話した。1924年末、王尽美は病気にかかっても講演のために青島に行って、この時の彼は顔かたちがげっそりしており、やせて骨と皮だけであっても、講演が相変わらず声が大きく、感情が激高した。大会に出席した人々は王の自我犠牲精神と強い革命意志に感心した。当時、多くの参会者は涙を流した。重くて苦しい仕事はこの硬骨漢を圧倒し、みんなは彼を扉で汽車に載せた。1925年の夏、この高くて痩せた若い共産党人は自分が奮闘していた青島で亡くなった。“皆さんは党に仕事をよくして、無産階級と全人類の解放及び共産主義の徹底的な実現するために奮闘し続けるように希望します。”これはこのしっかりとした共産主義戦士の遺言である。“貧富の階級があれば戦場が出るので、完璧を実現するために解放活動をしなければいけない。”信仰は生死を超え、時空を超え、力量を築いている。

陳独秀と王尽美を除き、統計調査によって、中国共産党の第2次全国代表大会に出席した約75%の代表は中層または金持ちの家庭に出身して、大部分の人に海外に留学したことがあり、彼らを指導してマルクス主義を信仰するのは何か?彼らを支えて巨万の財産を諦めて、家産を投じて国難を救って、命をささげ、熱血を流すのは何か?人民大衆の幸福を自分の責任としての無私貢献精神及び忠誠な愛国精神は彼らを支えて勇敢にまっしぐらに前進し、後の者が者に突き進んで、革命の道路で次から次への困難を克服し、数多くの奇跡を創造していた。

(出所:中国共産党の第2次全国代表大会開催地記念館)

 


attachment: