生け花に夢中する20年、朱道義は絶えずに勉強し最善を目指す

    2017-09-30

    (記者 文=呉晶晶/撮影=肖鳴亮)武定路に位置する静安花屋に入ったとたん、記者が目の前に溢れた色とりどりで芳しい生け花の作品に魅力された。神聖で純潔なユリ、魅力的なバラ、熱情的なガーベラ、上海静安園林緑化発展有限公司部長の朱道義の手で、各種類の花はまるで命を吹き込まれたように、人々の目や心を楽しませ

    勤勉奉公で家々を温める

    2017-09-30

    画像は邱天培が応急修理の支度をしている様子 記者 余儒文 撮影記者 邢蓓琳寒い冬の日に、住民のために凍結によって裂けた水道メーターの応急修理をして、あかぎれができても全く意識しない。暑い夏の日に、次々に現場に水道メーターの応急修理をして、青色の作業服の表にとっくに多くの「白い花」が咲いた。応急修理の

    旧市街再開発作業がピアノを弾くように、全局把握と各部協調のみで正しい音が出る

    2017-09-30

    (記者 文=王彦琰/撮影=余儒文)「私はあした四つの会議に参加する予定だが、明後日って?すまん、明後日も日程が詰まっていて、何カ所の旧市街再開発の現場に視察するから」、取材を行う時間を決めるために、記者が何回も凌斌に連絡したが、毎回にも彼の忙しい日程に断られた。ようやくある日曜の午後に華興新城での旧

    静安寺街道四明居民区の住民らが美しい公共環境づくりに力を入れる

    2017-09-30

    (記者 文=邢蓓琳/撮影=余儒文)「退勤して家に戻ると、隣の蘇先生がブラシと雑巾で段階を拭いている!感激した。蘇先生、いいねをつけるよ。」最近、静安寺街道四明居民区党総支書記黄玉玲がウェイチャットのモーメンツで住民が段階でしゃがみ込んでブラシと雑巾で段階を拭いていることを記録した何枚かの写真をシェア

    党の基層組織の「けん引役」を良くする

    2017-09-30

    (記者 黄競競)開学早々、市西中学の教師たちが一緒に囲んで座って自分の読書感想をシェアする。これは校党委書記方秀紅が数年前から定めた教師向けの夏休みと冬休みの「宿題」である。彼女によると、教育の責任を負う教師たちはより読書が好き、より多くの本を読んで、絶えずに知識を補い、これを通して理念を更新し、知