ホーム >> ニュース >> 静安ニュース

金茂府などの高級マンションは人材アパートに

原稿発送の期日:2018-05-16

訪問回数:


招き入れられた優秀な人材に最高50万元の不動産購入補助を与える、 様々なルートを通じて2000軒の人材アパートを調達する、 各種の人材の学習、交流、サービス、保障などのプロジェクトを30種以上を実施し、それに使われたお金は四千万超え……昨日行われた静安区人材業務推進会で、人材たちが関心を持つ激励培養、サービス保障、不動産、子供の教育、医療などのコア問題に対して、静安区は「人材の激励と保障の業務を強化する実施方法」を公布し、優秀な人材の子供の基礎教育、健康と不動産総合保障サービスの三つの方面においての細則を定めた。

 

上海市が「人材20箇条」と「人材新政30箇条」を公布した後、静安区は積極的に政策を実行し、昨年の4月に「静安人材18箇条」を公布した。今年、静安区は人材の中で大調査研究を幅広く展開し、さらに相次いでセット措置の文書を27部公布した。その中で一番近いの「1+3」新政は人材の需要に焦点を合わせ、彼らの後顧の憂いをなくす。

 

静安区は上海市区の中心地で、僅かな土地も高い値段をする。ゆえに、人材の「物件探し困難」は大きな問題となっている。新政は人材アパートをメインに、不動産購入補助金でサポートする総合保障措置を提唱する。今、静安区は商品住宅の配建房(売るための住宅の他、政府に提供するために同一土地で建てられた住宅)、貸し出す住宅、政府代理経営の貸し出す住宅などのルートを通じて2000軒くらいの人材アパートを調達し終わった。最近、静安寺の近くにある一棟の人材アパートは建設する最中である。そして、金茂府、静安府などの高級商品住宅も一部の配建房を人材に分け与えた。人材アパートの賃貸料は相場の60%に抑えられている。賃貸補助金を申請する人は、人材分類によって毎月1500元、2000元もしくは3000元の補助金を得られる。

 

人材たちが気になる子供の入学と健康サービス問題に対して、新政は、区教育集団化改革を加速し、資源整理調整を強化し、優秀な人材の子供に良質の基礎教育や個性的な成長プランデザインサービスを提供すべき、そして、優秀な人材とその直系家族に市・区医療機関の「グリーンチャネル」や家庭医の24時間専門サービスを提供すべき、と提案した。

 

より多くの優秀な人材を引き付けるために、静安区は招き入れられた優秀な人材に最高50万元の不動産購入補助を与える。審査・認可済みの緊急に必要としている高級人材を即座に招聘・採用し、条件に当たる高級人材やその家族の戸籍変更手続きを優先的に行う。

 

静安のもとからある各種の優秀な人材計230名あまりは、近頃「生活パスポート」を受け取れる。27部のセット政策に含まれるサービスは全部この一冊のパスポートに収められている。人材はこのパスポートを関連の窓口に持参すれば、サービスの申請をできる。さらに、静安は区優秀人材培養計画を始動する予定である。当該計画は二年に一回開催され、静安傑出人材、リーダー人材、中年・青年最高レベルの人材など、計100名くらいの人材を選出し、賞金を与える。また、人材業務の優れた機関?団体に対しても、二年に一度「人材発掘賞」を授賞する。

 

静安区は人材業務に高度な注意を払い、区委最高指導者が先頭に立ってしっかりやって、党と政府部門が共同で参加する人材業務においての新しい組織構造を作り出し、各種の人材の学習、交流、サービス、保障などのプロジェクトを30種以上を設計・実施し、そのために使われたお金は四千万超えた。


attachment: