ホーム >> ニュース >> 静安ニュース

2018中国座標・上海都市オリエンテーリングは行われた

原稿発送の期日:2018-06-03

訪問回数:


(記者・撮影 余儒文)5月26日、中国登山協会、中国オリエンテーリング協会、上海市体育総会、静安区体育局、上海市登山と戸外運動協会が共催した中国座標・上海都市オリエンテーリングアウトドアチャレンジカップ(静安大会)は静安スポーツセンターで行われた。開会式で、「運動静安」と「国際静安」の二つのルートに分けられた900名近くの選手は盛り上がっていた。選手たちはチーム単位で、チームフラグをバックに自撮りしたり、装備などをチェックしたりして、さらに待ちきれなくてウオーミングアップを開始した人もいた。スタートのピストルを合図に、彼らはいくつのグループに分かれて順番に出発し、それぞれの目標に駆けつけることになる。副区長の鮑英菁は参列し、試合の開催をアナウンスした。

 

聞くところによると、静安体育は「15分間の体育生活サークル」の建設で、国際国内ブランド試合サークル、大衆フィットネス区級試合サークルと街道・郷鎮・コミュニティ特色イベントサークルの三重イベントシステムを力強く建設し、大衆が参与するフィットネスと大衆の健康を深く融合させる。今回の都市オリエンテーリングの開会式で、今年の国際静安エリートチャレンジカップのイベントリストも披露された。国際静安エリートチャレンジカップは今年、バドミントン、バスケットボール、ピンポン、ダーツ、Eスポーツ、都市オリエンテーリング、ヨガなどの33種目の大人気スポーツをイベントに組み入れる。これらのイベントは社会化・市場化した「多様主体」という開催モデルを広く受け入れ、資源を整理調整し、政府組織、街道・郷鎮、企業・事業の各機関?団体、社会体育組織などの引き受けにより開催される。


attachment: