ホーム >> ニュース >> 静安ニュース

「ファッションウォーク」秋冬ファッションシーズン 興業太古匯でスタート

原稿発送の期日:2018-10-24

訪問回数:

(記者 邢蓓琳/撮影 余儒文)10月9日、AIGLE、Scotch&Soda及びBAO BAO ISSEY MIYAKEなどの有名なファッションブランドは秋冬シーズンの新作を披露し、正式に興業太古匯で「ファッションウォーク」秋冬ファッションシーズンの幕を開けた。

 

当日の開幕ショーのほか、興業太古匯はAtelierCologne、bebeやDenhamなどのブランドと連携し、共に色々な形式でファッションポップアップストアを作り、「ファッションウォーカー」に各分野のインスピレーションの交流をもたらし、また同時に、新鋭ブランドとデザイナーとの間で、共にファッションの限界を開拓し、ファッションの可能性をより多く模索するプラットフォームを作り上げた。

 

一ヶ月にわたるファッションシーズンのイベントで、興業太古匯はXCOMMONSや上海ファッション国際ブランド発表及び「論道」Bofファッションビジネスコメントチャイナサミットなどの三つのファッションデザインプラットフォームと連携し、ファッションピープルにファッション、芸術や個性が互いに融合し、多分野に及んで、多角的なファッション体験をもたらし、国際ファッションの「ブレインストーミング」を起こした。

 

10月11日から13日まで行われる「Journey of E/Motion」XCOMMONS2019年春夏ファッション発表会は無限界、未来感、科学技術感をコンセプトにして、DDW、WHMなどの多くの新鋭ファッションデザイナーブランドはそれぞれ異なったテーマのファッションシリーズでファッションを表す。伝説的な鬼才デザイナーHussein Chalayanは初めて7つの代表的な作品を上海に持ってきて、「経典(芸術作品)」、「現在(当季シリーズ)」及び「協力(カプセルシリーズ)」という作品でファッションへの理解や追求を表し、また蔚来自動車会社と協力してできたNIO×CHALAYAN「born to push limits」シリーズの世界初公開イベントも行った。

 

上海ファッションウィーク国際ブランド発表は興業太古匯を先進的かつ国際的なファッションランウェイに作り上げる。アメリカの婦人服ブランドbebeやレバノン系のデザイナーが成立した高級なオーダーメイド礼服ブランドのMIKAEL Dは招きに応じて、上海ファッションウィークに作品披露に参加し、より現代的な方法や繊細な筆触で現代の自信やロマンチックさという異なった女性の風采を表した。

 

このほか、興業太古匯はまたBofファッションビジネスコメントチャイナサミットと連携し、「New Frontiers」テーマサミットを主催する予定がある。参加するゲストは贅沢品、小売、科学技術、生産、伝媒や管理などの分野で取り組んでいる人々である。世界でよく知られている多くのブランドや小売販売の上級管理職は若者の企業家、投資家や創意を持って革新を求めている方々と一緒に、ファッション、デザイン、科学技術などの国際的なテーマをめぐって言葉を交わし、ファッションと芸術、科学技術と生活方法との融合を表す。

 

聞くところによると、今回の秋冬ファッションシーズンは今年の4月に行われた「モダン・業界を超える」ファッションシーズンに続いて、興業太古匯が改めて業界を超えて多要素を組み合わせたファッションにチャレンジする試みであるという。興業太古匯の関連関係者も、興業太古匯はこれから引き続き「自分なりの組み合わせ、優れたライフスタイル」という理念を伝えていき、上海ショッピングブランドのレベルアップに力を入れ続け、消費者に優れたサービス、創意に溢れた製品及び真新しい消費体験を提供していき、またファッションをポートとしてファッションと市民の架け橋を築き、より影響力のあるファッション産業集中地になると指摘した。


attachment: