ホーム >> ニュース >> 静安ニュース

区指導者は区行政サービスセンターに調査研究を行った

原稿発送の期日:2019-04-13

訪問回数:

取材・文 黄競競

本紙によると、48日に、区委員会書記陸暁棟氏は静安区行政サービスセンターに「一網通弁(1つのサイトにて一括で処理)」の展開状況を調査研究に訪れ、企業「一窓通(1つのカウンターにて一括で処理)」サービス専用コーナー及び市場監督管理局・税務局の「一窓受理(1つのカウンターにて受付)」サービス状況を観察し、一体化データセンターと都市輸送センターの建設状況も観察し、仕事の報告を聞いて要求を提出した。副区長の周海鷹氏らは調査研究に参加した。

静安は市委員会の「一網通弁」業務に対する要求及び主な任務を徹底的に実行し、区の実情に基づき、問題を導きとし、都市部のビジネス環境の最適化と緊密に結びつけ、「一網通弁」業務を引き続き、深く推進しなければならないと陸暁棟氏は座談会で強調した。次の段階で、質が高い市「一網通弁」の47項の重要な業務を推し進めて実施し、突破口を見定め、各任務の達成状況が全市の上位に入るように努める。オンラインの「静安チャンネル」とオフラインの政務ホールの全体の水準を絶えず引き上げ、監督・審査を強化し、サービスの質を高める。主眼点に焦点を当て、静安市の「一網通弁」業務を推進する独特なハイライトを作り出すことに力を入れる。

情報によると、静安区行政サービスセンターは、一貫して「一網通弁」業務を最優先課題とし、「一回しかいらない」、行政審査の「ダブル半減」、企業設立の利便化改革、電子証明書の応用、政務クラウドの構築、データ目録の作成と収集、ネットワークのセキュリティーなどを推進する面で引き続き力を入れ、地域経済と社会の発展により良い政務サービスのソフト環境を提供するよう努めている。

 


attachment: