「2017夏のホットライン」区長インタビュー特別番組――静安編

原稿発送の期日:2017-09-27

訪問回数:

今回のテーマ

2017夏のホットライン」区長インタビュー特別番組――静安編

インタビューの背景:

2017夏のホットライン」区長インタビュー特別番組――静安編。区委員会副書記区長陸暁棟が上海新聞広播の生放送室に来て、「五違四必」(五つの違反と四つの必ず)区域環境総合整備作業においての新たな状況と実績を紹介したり、市民からの監督を受けて、彼らの苦情や提案に耳を傾けます。

ゲストの紹介:

区委員会副書記区長陸暁棟

司会:

今日は区長の陸暁棟さんが上海新聞広播の生放送室に来て、「2017夏のホットラインラジオインタビュー」番組に参加し、市民の声に耳を傾けて、民生に関する難問を解決します。静安区は上海市の中心市街地として、人も多いし、高温関係問題の対処作業においてより手強いですね。

陸暁棟:

この間にかけて、区政府は全力を尽くして暑さを防ぎ温度を下げる作業をしっかり実施している。中心市街地には気温も高いし、加えて高齢者人数の割合も高くて、高温が高齢者の安全にひどく脅かしている。これに対して、区政府が緊急に関係仕事の割り振りをし、各部門、各関係街道鎮の担当者も高温対処の最前線に指揮を執って、高齢者の生活に気を配る。区内の高齢者、弱者層がこの夏を無事に過ごさせることは我々の目標になる。こんな暑い天気に面して、区政府の各部門は暑さを防ぎ温度を下げることに関する応急措置の実施に対して責任をちゃんと負うべき。

高温を冒して仕事の最前線に奮戦している同志が数多くいるので、環境衛生、交通警察、都市管理など各部門の管理者らが街頭で関係する保障作業をきちんと実施しなければならない。

宋晶:

昨日一日中、住民からのクレーム摘発電話を2680通を受けて、その中に静安区に関するものは72件に達して、全市において第3位になります。問題は主に道路工事による騒音震動のクレーム及び違法建築物への摘発に集中します。特に陽泉路一帯の騒音クレームが多いです。

陸暁棟:

この間、12319ホットライン及びその他のルートからの報告によって、夏季の道路工事によるトラブルへのクレームが比較的に多い。静安区の以後の発展と市民の通行の便利のために、今年中、道路工事の量が比較的に多い。断頭路(異なるレベルの道路がまだつながらない状況)、道幅拡張、総合整備などのプロジェクトがあって、区の北部の工事量がより多い。市民に対して実際に必要となる工事を実施し、市民の利益を第一位に置いて、できるだけ彼らの苦情に耳を傾けて、工事によるトラブルを避けることなど、我々担当者らは何度も強調したが、実際の工事過程中、相変わらずクレームを絶えずに受けた。だから我々に対して政策の実践において強化しなければならぬところがたくさん存在する。

記者:

女性聴衆の李さんの電話によって、虬江路に位置する銘徳大酒店は半年にかけて民徳路を閉鎖して、住民が通行できません。彼女は12345ホットライン、所属する街道弁事所に苦情を述べたが、その道路の財産権が銘徳大酒店に属すという返事を受けたそうです。それはいけないことだと李さんが主張します。

記者:

聴衆の声:民徳路は元々バスでも通行できる道路だったが、その後だんだん乗用車の通行まで路面の幅が縮まって、後は更に人だけ通行できるまでになって、最後に工事現場の範囲内になってしまった。酒店は民徳路の両端に鉄の門を配置して路面を閉鎖して、工事中なので回り道をお願いしますという告示も貼っております。

司会:

道路の財産権は酒店に属すだと?

 

記者:

聴衆によって受けた返事がそうです。その信憑性が要調査。

張拓:

その道路は確かに銘徳大酒店の改修プロジェクトの工事範囲の中に位置します。今鉄の門で閉鎖される状況について、その理由は作業員が民徳路工事現場で地下工事をしている途中、路面下の片側には流砂が存在することを発見して、きちんと対処しないと道路沈没の恐れがあるそうです。安全のために、酒店のほうが我々政府側に報告しておいた上に危険応急対策として道路を閉鎖しました。道路基盤の工事が完成するまで大体一週間がかかるから、確かに市民の通行に不便をもたらしました。この通りはこの近所の住民が出かける時の始めの主要道路なので、通行できる状態にさせるべきです。

朱泉栄:

我々の道路計画により、民徳路は今後開放する公共道路として通行人と自動車の通行を確保する通りになります。この通りは市政計画道路ではなく、公衆に開放する道路だけです。車と人の通行のために、この通りを通行可能状態にさせるほうがいいと思います。

陸暁棟:

張主任、今民徳路プロジェクト第二期工事が施工中で、流砂を発見したが。先言った一週間の危険対処作業をしたら道路を回復できるって、その「回復」は民徳路が一週間後より通行可能になるという意味なのか?

張拓:

一週間後より徒歩のほうが大丈夫です。

陸暁棟:

建管委が一週間後徒歩可能という承諾をしっかり実現させてください。計画局の要求に従い、民徳路第二期工事が完工した後、この通りが公共通路の機能を確保するのを保証して、厳しくて計画通りに施工することを監督しなさい。政府部門も監督管理を強化してください。今気温が40℃ほど高くなって、外で少し歩くと汗だらけになる。各部門は全力を尽くして市民の便利さに気を配って、できるだけ早く道路を市民に返すこと。街道弁公室の屈主任、任務を与える。あなたたちは管理監督をしっかりやって、先あの二人が言った通りに、一週間後この通りが通過可能の上に公共通路の属性を持つことを確保しなさい。あなたが責任者として、何かあったら遅滞なく報告してくれ。

屈蔡翔:

分かりました。

聴衆:

区長のおしゃったことは正に私の願いです。虬江路の住民たちは工事の完工を暫くお待ちください。

記者:

女性聴衆の黄さんにより、西蔵北路219弄「光明熙蔵院」B1の地下室には今違法建築物が建設されています。その違法建築物はスーパーによって建てられて、敷地面積が二十か三十平方に達します。中に商品包装用の段ボール箱みたいなものが積まされておいて、箱の材質はまだ分かりません。燃えやすい物が詰まられて周りの住民の生活に影響して、安全面でも隠れた弊害をもたらします。聯華スーパーの裏門には確かにB1の駐車場にあり、そこには幾つかの廃棄された段ボール箱が詰まられていて、ほかに卵とか廃棄物とかも見たことがあるが、違法建築物なら見たことはない。マネージャーが整頓改革の命令を受けた後、一昨日の夜にすべに取壊す作業をしたと私に伝えたが、今日現場に行くと以前として物が積まれていて、中に酒の数もすくない。確かに火災の恐れがあると思う。如何なる単位は勝手に完成済みの公共駐車場を転用することを禁じる規定があり、公共駐車場の利用形式を変えたいなら申請が必要で、計画と土地の関係部門及び交通行政部門の審査批准がないといけない。このスーパーは審査批准を受けないままに勝手に立てた上に非常に簡易な木板を建築材料として使って、いずれの面でも消防要求を満たさない。今散らかって積まれている物の辺りにセメントとブリックも見たが、このスーパはこれ以上違法建築物を続いて建てるかどうか?これからこの地下駐車場への監督管理はどうやって強化するか?

王楨宇:

このことについて、聯華スーパーが整頓した後また建てることを何度も繰り返したが、私は既に現場まで管理員を派遣しました。我々はこれより更に西蔵苑の不動産管理側との交流を強化して、手だてを講じてに日常の法律法規の執行ト監督管理を強化します。同時に聯華スーパーのオーナーに事実確認の聞き取りをする予定です。

王立南:

このスーパーの地下室には何十平方の違法建築物が存在して、726日に我々が作業書付を受取りました。法律執行の手順により、警察官を派遣して現場で建てられている建築物を取壊すことです。我々も遅滞なく現場に行って処置を行いました。

陸暁棟:

今駐車場では以前としてたくさんの物を積んでいる。法律執行において必ず態度をきっぱりしたり、妥当な措置を講じたり、法律執行の過程を効率化したりすること。

措置を最後まで貫こう。違法建築物を取壊して、通路を回復すること。今記者が現場で見たことにより、依然として物を乱雑に積んでいる状況が存在する。つまり違法建築物の処理作業がまだ未完成だ。今日中すぐに現場に赴いて処理を終わるのを願おう。

マネージャー周:

我々は現在すでに違法建築物の取壊しと掃除を終わらせます。一部の物がまだ現場に残っていて、今あっちの責任者に連絡を取って現場を一刻も早く元の様子に戻すと伝えます。

陸暁棟:

今日退勤前にここの積んでいるものをきちんと処理しなさい。都市管理執法局が処理の過程を監督しなさい。

マネージャー周:

かしこまりました。必ずします。

記者:

この間、静安区平型関路1899弄象嶼大寧悦府の多くの住宅所有者は「12345」市民サービスホットライン及び「解放日報上観新聞」に苦情を述べました。彼らによって、団地が先日から駐車スペースを販売し始めました。合計557カ所の駐車スペースの中に、10何カ所の軽乗用車駐車スペースは一つ当たりに30万余りの価格で、500余りの一般乗用車の駐車スペースは優劣によって一つ当たりに47万から72万までの価格で、20何カ所の「子母」スペース(2台の自動車駐車可能だが一つのスペースと見なす)は一つ当たりに100万から131万元の価格で販売します。住宅所有者らにより、中環線の外側に位置する団地である以上、こんなに高価な駐車スペースを受け入れない。この価格は周りの団地より高いだけではなく、内環線の内側に位置するロケーションがもっといい団地よりも高いです。

陸暁棟:

まず房管局副局長に電話をします。

朱明:

海波さん、聴衆のみなさん、我々は今週の月曜日に関係報告を受けて、開発業者に駐車スペース販売を即時中断する要求を伝えました。

陸暁棟:

月曜日からいままで販売がやっていないか?

朱明:

そうです。目前駐車スペースの販売状況について調査を行っています。房管局は上海市住建委と市物価局が公表した657号文書の精神に厳しく参照して、開発業者に厳しく「一価清」制度(主管部門へ報告して記録に残す価格通りに駐車スペースを販売して、それ以外に一切の附加費用を取らない)に従うことを要求します。我々も調査の結果によって監督管理の措置をはっきり実行させます。同時に我々は区内のすべての分譲住宅及び付属駐車スペースの販売行為に対して、開発業者に厳しく関係規定に参照して執行するのも要求します。房管局は開発業者への監督管理を強化して、関係要求に従わない業者に対してその開発資格を一時停止させます。規定を厳重に違反したら、その不動産開発資格をレベル下げ更に直接に廃止するまで処罰します。

陸暁棟:

とりあえず販売を一時やめて、極めて慎重に調査を行って、市政府の関係文書の精神を厳しく貫くこと。

司会:

どの区の区長がこの番組に来ても、我々は対応する管轄区画に行って市民に街頭訪問をします。訪問の内容は区長が「夏のホットライン」番組に来たら何か言いたいことがありますか?じゃ、静安区の住民は何が言いたいか一緒に聞きなさい。

住民:

私は今年2月の時、腰椎椎間板ヘルニアにかかって、ベッドを降りるすらできなかった。清掃員は私を抱いて段階を通して階下まで搬送しました。その時、エレベーターあればよかったのにと思った。エレベーター付きの住宅を買わないことにとても後悔している。静安区政府は高齢者が階下まで降りる問題を解決すべきと思っている。

住民:

私は恒隆プラザで仕事をする会社員で、静安寺の辺りに会社員が食事を済ませることに適う食堂の増設を期待しています。その上、この辺のオフィスビルなら残業をする会社員も多くいるから、会社員食堂が昼御飯も晩御飯も提供できるのも期待しています。

住民:

南京西路一帯には文化の雰囲気がかなりいいで、大道芸人がたくさんいます。だが関係情報の発信ルートがないので、我々は時々それらのパフォーマンスを逃がして、残念なことです。これからより多くの文化イベントに関する情報を我々この辺に仕事をする会社員に伝えることを願っています。

陸暁棟:

区政府はいつまでも市民たちの実際に必要な問題を解決してます。我々にとってやるべきことがいっぱいある。市民からの政府への希望、期待もかなり高い。例えば、静安区の高齢化状況がかなり厳しい。先言った高齢者の階下に降りがたい問題、会社員の食事問題などに対して、区政府は今全力を尽くして一つずつ解決する。とはいっても、我々の一部の措置の結果が市民の期待と比べてまだ不足であるので、続けて努力しなければならないと思う。この間、我々は彭浦新村、臨汾路など二つの街道行政区で「屋内用階段昇降チェア」の試用を行って、高齢者たちの間に非常に人気があるとは思わなかった。多くの高齢者が何年間一回でも段階を降りることはない。一部の高齢者は年を取ったので、足が不自由になり、段階を降りることは非常に難しくなる。エレベーターの取付はできない団地に対して、我々は高齢者たちに屋内用昇降チェアで段階を降りたり登ったりするサービスを提供している。会社員たちも様々な需要があって、我々のサービス提供の対象になる。どうやって彼らによりよくサービスを提供するのか、我々は真剣に検討している。この前、我々は会社員の食事問題を解決したが、彼らの需要がだんだん多様化になって、文化生活の面でもいろんな需要が現れてきた。我々は今「現代芝居谷」、「ジャズフェスティバル」などのイベントを計画していて、静安区で生活したり、仕事をしたりする市民により良いサービスを提供しようとしている。

聴衆:

中興路宝通路は722日から夜間施工を行って、発生した騒音が周りの住民の生活をかなり邪魔しました。725日になったら騒音が一層ひどくなり、関係部門ができるだけこの騒音トラブルの事実を確かめてから片付けるのが望みです。

張拓:

この場所では確かに工事が行われています。宝通路から西蔵路までの計1000メートルの長さは施工範囲になり、7月中旬から着工して、9月上旬まで完工可能の見込みです。市民の丁さんが述べた問題が確かに存在しています。なぜなら、この場所では配水管の再敷設を行う予定で、溝を掘る作業が必要になります。騒音の源は溝を掘る工事にあります。夜間施工について、我々は溝を掘る作業を行う場合、騒音が比較的に小さい設備を使ったが、機械がセメントと接触しなければならないので、騒音を完全に防ぐのはできません。とはいっても、我々は施工側との交流を更に深まるつもりで、工期と施工時間の天でよく計画させます。

艾福龍:

市政道路施工とは応急施工の審査批准に属します。私の知っている限り、この市政工事は既に市政署へ夜間施工の計画を報告して記録に残しました。環保局の監察支隊がもう現場に行って状況を調査しました。夜には確かに騒音があって、昼間には騒音を遮断する手段も使いました。施工側は我々の要求に従って、市政建築物工事に用いる建築材料を含んだ一部の積み重ね物がよく覆われています。夜の工事には問題があります。騒音と埃など文明施工に関する面について、環保部門は市政管理部門と施工側と共同に調査を行って、市民たちの日常生活に影響を与えないよう努力します。

楊斌:

最近気温が高いので、厚さを防ぎ温度を下げる要求により、昼間の施工は禁止されるはずです。市民の日常生活を保障すべきことに従って、早晩の集中施工時間帯にも施工が禁止されて、残る施工時間が比較的に限られて、主に夜にだけ施工が行えます。夜間の騒音トラブルの原因は大体以上の二つの点にあります。

陸暁棟:

困難を我々政府側に残せ!張拓、あなたたちは日程、計画と工法の面で更に施工側と細かく交流しなさい。任務を与えろ。できるだけ騒音を下げろ。市政設備の大中修理工事は市民の実際の需要を満たすプロジェクトであって、良い成果を収めなければ。更に施工側を厳しく要求し、できるだけ市民に与える影響を低減する。あなたたち、そう、楊斌と張拓が一緒に検討して、環保局に監督の強化を願う。近いうちに施工の流れを調整し直して最適化させて、関係情報を報告してくれ。

聴衆:

武寧南路189号は元々静安区にセットサービスを提供する会社のオフィスビルであるが、軌道交通に関する工事に便利さを与える理由で今は廃棄されました。このビルに属す街道行政単位はビルの裏にある空き地を生活ゴミ、建築ゴミの置き場として利用し、毎晩一回に清掃運搬します。だが、積んだゴミの量がかなり多い上に、最近気温も高くなって、腐敗しているゴミが嫌な匂いを放って、周りの住民の生活環境に悪影響をもたらしました。

鮑暁麗:

先言及されたあのビルは軌道交通第14号ルートの施工により収用された一筆の土地です。同時に曹家渡街道が市内の環境建設を強化する途中で直面する難問の一つになります。毎日、所有者の知らないマットレス、ソファーなどの大きいなゴミを含んだ所有者の知らないゴミが路面で現れてきます。我々は路面で発見した所有者の知らない、或は大きなゴミを臨時の置き場に運びます。そのあと地下鉄第14号線との協議によって、その場を一時的に我々に貸します。彼ら殻の支持があってこそ、我々はその場を臨時的な置き場にします。確かにその臨時置き場の周りには住民がいます。曹家渡街道の管轄地区以内にほかにどこか中間置き場としての適合な場所があるかどうか、我々も積極的に検討しています。ここで言いたいことがあります。我々は生活ゴミがその置き場に入ることを禁止します。その置き場で収納されたのは主にソファー、マットレス及び路面で捨てられた建築ゴミです。多くの所有者の知らない小包のゴミに対して、我々は毎日一回に全部きちんと処理することを保証します。

陸暁棟:

都市の発展につれて、ゴミ処理は避けがたい問題になる。しかし、如何なる難問にしても市民に残してはいけない。我々は自ら解決策を練る。所属する街道行政区画がこの問題を着実に解決してください。市民の高さんが提示したこの問題が確かに一理があります。この臨時置き場を取り消して他の適合な場所を探すべきだと思う。

我々は自ら困難を克服する。曹家渡街道が知恵を絞ったら解決策を見つけると私が信じている。

聴衆:

南京西路街道古柏小区襄陽北路22弄里の老人が自宅養老の問題を提示します。5年前に政府から提供してくれた1時間の訪問サービスがあるが、そのあとなくなったそうです。

陳文英:

鄭老は我々の街道で長年住んでいて、体のせいで繰り上げ退職をして、あとはずっと自宅養老の訪問サービスを受けています。彼は平日にバイキング食堂で食事をして、2007年から毎月300元の子供持っていない高齢者手当を受取ります。その300元は食事でもパートタイマー家政婦を雇用することでもに用いられます。今中の240元は食事に、残る60元は自宅養老に用いられます。7月の帳簿を調べるとその60元はまだ残っています。

司会:

食事に使われた240元を加えるとパートタイマー家政婦の雇用に足りますね。

陸暁棟:

あなたたちは鄭老と面談をして、サービスの形を少し調整する。では、これから民政局の副局長に電話をして、政策の説明をお願いします。

張海翔:

我々は市、区二つレベルの政府が自宅養老に対する財政補助政策に従って、経済面で困難がある高齢者及び子供を持っていない高齢者に一定量の訪問サービスの手当てを提供します。この手当は現金の形ではなく、手当の金額に対応する一定量の訪問サービス時間となります。高齢者がこの手当を受け取った後、自分がほしいサービスを選んだり、訪問サービスを要求したり、ほかに食事サービス、入浴サービスなど様々なサービスをも選べます。

司会:

南京西路街道が提供したサービスが素晴らしいとあるネットユーザが言いました。

張海翔:

この老人はこの前区政府と市政府に関係問題を陳情しに行ったが、我々は絶えずに彼に政策を解釈したり、交流したりして、街道側も絶え間なく彼に政策の宣伝を行っています。

陸暁棟:

政策違反をしない前提として、街道側は鄭老の目下の困難を解決できると私が信じている。子供を持っていない老人が我々のコミュニティに住んでいる以上、我らが街道側、コミュニティが彼らの生活にサービスを提供する責任を負う。静安区現在の高齢者人口の割合がかなり高い。

司会:

今の割合はどのぐらいですか?

陸暁棟:

現在の高齢者人口の割合は34%に達する。静安区の高齢化程度は全市の平均水準を越えて、高齢者向けのサービスは区政府の一大仕事である。高齢者向けのサービについて、関係する規定に従う同時に、個別のケースに対して我々は心を込めて、できるだけ老人の身になって考えてこの仕事を完璧に成し遂げる。高齢者向けのサービス提供において、南京西路がずっとうまくやってきた。鄭老が不満の気持ちを持っているから、あなたたちはもう一度落ち着いて彼に関係政策を説明しなさい。

高齢者に対して、我々はもっと落ち着いて、政策をもっと細かく説明して、サービスも遅れないで、そうしたら、鄭老の見方が変わるはずだと私が信じている。

聴衆:

滬太路799号(延長路新慧谷ハイテク産業園に近い)駐車所で駐車の問題です。この駐車場は駐車時間に応じて費用を取って、1時間あたりに5元と言われます。私がいつもここで駐車した時、利用時間がまだ1時間未満だが、2時間の費用を取られます。駐車場に入る時にデジタル支払証明もないし、人工で時間を計算します。この駐車場のシステムが何か問題があると思います。

張拓:

我々は26日に交通行政からの同じ問題を記述した依頼書も受取ります。だからすぐに駐車場側とクレーム提示側と連絡を取りました。調査によって、この駐車場は公共駐車場として関係管理部門へ報告して記録に残した正規の駐車場です。駐車場のゲートも全市統一のデジタル課金システムに参照して調整しておいたのです。ナンバープレート識別と費用計算などの機能も持っています。我々はそのデジタルシステムをもう一度照合審査をする予定です。もし市民が言った問題が本当にそんざいしていれば、その問題を是正してから処分をします。

張瑾:

聴衆が我々に経営者が価格違法行為の疑いがある手がかりを提供してくれたことに感謝します。関係規定により、張主任もおしゃった通りに、この駐車場は合法の資格を持っています。駐車費用は政府定価に従うべきなので、もし1時間未満或は2時間未満でも2時間に沿って費用を取るのは事実であれば、または費用計算で問題があれば、我々のほうがすぐ人員を現場に派遣して調査を行います。違法行為が存在していれば、我々は法律に則って経営者を処分して、消費者の合法的な権利をきちんと守ります。

陸暁棟:

あなたたちは調査の責任を負う。駐車に関する規範に合っていない点をきっぱりと是正し、すべては関係法律に則って処理する。この件について、建管委は主な責任者として、市場監管局が協力して、この二三日に急いで調査を行って処理しなさい。

陸暁棟:

静安区の都市管理設の面において、市民が述べたい苦情が依然としてたくさんあるようだ。「夏のホットライン」は一つのルートになる。我々は「夏のホットライン」で受取った陳情を真剣に対応する。それに、更に肝心なのはこれらのケースの解決を通じて日常の管理でも問題解決のメカニズムを形成するのだ。問題発見と問題解決のメカニズムを通して、我々の都市管理をより細かく、より正確的、より良く市民からの要求を満たせる。静安区の面積が大きすぎて、管理面の作業量も重くて、みんなは随分努力したが、問題がたくさん残っている。戻ったら真剣にまとめることにしなさい。フィードバックは必ずある。毎回の「夏のホットライン」は市民と交流する機会であり、政府活動へのテストでもある。我々はこのような機会を大切にして、戻ったらちゃんと問題を解決しよう。

司会:

2017年「夏のホットライン」にご参加くださった静安区区長の陸暁棟さんにもう一度感謝します。

 

attachment: