静安 2019中国文化と自然遺産デー、一連のイベントを開催

?(取材・文 李瑛)14回目の中国文化と自然遺産デーにあたる6月8日に、静安区は「人文陝西北路」と「記憶・復興―蘇河湾―」の2本の文化歩行路線を整備し、多くの市民とともに市街地の歴史に遡り、静安の海派文化、都市文化、赤色文化及び華商文化を深く探求したという。中国共産党第2回党大会旧跡記念館や、新たに入居した民生美術館など静安区域内の8軒の文化館も同日、市民に無料公開された。同時に、「無形文化遺産が静安にあり」シリーズは静安区文化館で開幕した。同イベントは展示、公演、展覧及び伝承、交流、体験など7つのコンテンツを通して、市民に多彩

View All

静安 「グローバルサービス業者計画」を打ち出し、現代的経済システムにおける「スーパー連絡先」

?(取材・文 彭旭卉)ファイザー・アップジョンのグローバル本拠を成功裏に導入したこの前のことを踏まえ、静安区はこのほど、「グローバルサービス業者計画」という重大な措置を再び打ち出した。「グローバルサービス業者計画」は、国際競争力のあるハイエンドの専門サービス機関の集積を既存の基礎の上でさらに加速させると同時に、これを頼りに、静安のプラットフォームで多国籍本拠などӗ

View All

石門二路街道は「端午節を迎える」コミュニティ直供便民市を開いた

■取材・文 邢蓓琳■取材・文 邢蓓琳5月29日午前、石門二路街道は端午節を迎えるために、新閘路945号沿いでコミュニティ直供便民市(住民の生活を便利にするためのサービスや商品を直接に提供する市)を開いた。記者がイベント会場で、コミュニティ生活サービスセンターのロゴが印刷された20張余りのテントは整然と並んでいることを目にした。第六糧油や上海制鹸工場などの名特優(有名・特産・優質)老舗と有名な農産物・副食品ブランドは現場で屋台を設置&

View All

センスのよいインテリアに先進的なプロジェクター、国内外のヒット映画は5元だけで鑑賞でき!

■撮影 肖鳴亮■取材・文 李瑛2019年静安区公益映画配送が5月24日に、滬北映画館で正式に発足した。33年の歴史を持つ滬北映画館は、新たなグレードアップと改修を経て盛大に一般開放された。これを機に、市民は「5元公益チケット」で国内外のヒット映画を見ることができるようになった。同発足式には、静安区委員会常務委員兼宣伝部長の姜鳴氏が出席し、静安区の14街・鎮の代表に映画の公益券を配布した。ここ数年、静安区委員会、区役所は公益映画の放映を重要な文化恵民プロジェクトとして進めている&#

View All

「春花秋色」のフィットネステーマパークを

■撮影 肖鳴亮■取材・文 黄競競彭浦鎮周辺の住民にとって、休憩やレジャーのためのよいところがもう一つできあがった。それは、100日近くの緊迫した改修工事によって、5月27日午前8時に正式に開放された面目一新の永和公園である。永和公園は、周辺団地のために整備されたコミュニティ公園で、汶水路・原平路の交差点に位置する。公園は1990年代に建設されたもので、周辺住民に30年近くも連続して利用された末、公園施設の老朽化が深刻で、現代市民の需要と都市景観管理の要求を

View All

2019国際フェンシング連盟フルーレW杯大会が閉幕、16年もわたり静安は名ブランドを作り上がた

(撮影 肖鳴亮/取材・文 黄競競)上海が5月に入ると、世界中のフェンシング選手が静安に集まっていた。3日間の熾烈な争いの末、2019国際フェンシング連盟フルーレワールドカップ大会がこのほど、梅龍鎮広場の中庭で優勝を決めた。国家体育総局副局長の高志丹氏、中国フェンシング協会主席の王海浜氏、市体育局の党組織書記兼局長の徐彬氏、市体育局副局長の羅文樺氏、中国フェンシング連盟フルーレワールドカップ大会技術委員のマリア・レオノ氏、区の指導層にあたる于勇氏、姜鳴氏、呉麗萍氏、鮑英菁氏、葉強氏&#

View All
    • 記者会見

      2018-05-09

      2018上海静安現代劇バレーニュース素材原稿

      励ましながら前進 夢&#

ホットトピックス

  • 立派な指導グループ・立派なリーダー

    立派な指導グループ・立派なリーダー
  • 赤色静安 魅力人物

    赤色静安 魅力人物
  • 職人·記憶

    職人·記憶
  • 赤色ジーン·価値観ガイド

    赤色ジーン·価値観ガイド