前進しながら臨汾の「青春スタイル」を体験

(記者 彭旭卉/撮影 肖鳴亮)今年は改革と開放の四十周年記念であり、臨汾路街道成立の三十周年記念でもある。青年の組織力を向上させ、より多くの青年に臨汾とコミュニティを理解させ、建設に参加させるために、5月12日の午前、臨汾路街道共青団工作委員会は「臨汾の青春の道:初心と共に再出発、青春スタイルそのもの」シリーズイベントを展開し、管轄地区のそれぞれの業種に働いている団員青年と連合し、「青年センター」と「青年コミュニティ」の二つの大きな場所資源を活用し、「五四青春季

View All

康定路の「ブランク壁」は華麗なる変身を果たす 居民たちは共に「美しいホーム」を描く

(記者 施丹妮/撮影 肖鳴亮)5月12日の早朝、大勢の人は康定路でひしめき合った。その原因は、「美しい生活を共に作り出す、美しいホームを共に描き出す」と題しての精神文明の新しい風潮を広げ、江寧旧趾を記念する壁画イベントの開催だった。江寧路街道からの青年ホワイトカラー、学生、親子参加のファミリーなどの100人あまりの参加者は三つの公益壁画ボランティアチームに分かれ、康定路北側の壁で「美しい江寧の新たな名刺」を描いた。記

View All

2018上海・静安現代劇バレーは盛大に開幕 静安は全力で「上海スクール文化ブランド」を確立

(記者 李瑛/撮影 余儒文)5月5日、上海マジェスティック大劇院のともしびは明々と輝いていて、スターたちが集めていた。静安区人民政府、上海ラジオ・テレビ放送局、上海戯劇学院が共に主催した2018上海・静安現代劇バレーは、陜西人民芸術劇院が改革と開放40周年を記念するために送り出した大作『平凡な世界』の初演をもって幕を開けた。上海市副市長の翁鉄慧、静安区指導者の安路生と陸暁棟、現代劇バレー芸術委員会メンバー・知名芝居役者の焦晃は共に開幕装置を起動した。1200名以上の国内外の観客は開幕イ

View All

彭浦新村街道は第五回ファッションフェスティバルを開催

(記者 彭旭卉/撮影 肖鳴亮)コミュニティ住民の精神文化素養を充実させ、大衆文化ブランドを発揚するために、5月の8月と9日の二日間、彭浦新村街道は第五回の「華やかな四季」ファッションフェスティバルを開催した。聞くところによると、今回のファッションフェスティバルは三つのイベントに分けられた。5月8日に、ファッションコンクールは二回行われ、街道からの住民ファッションチーム

View All

17の幹線道路で60万点の盆栽は静安を飾る

(記者 黄競競/撮影 余儒文)「五一」国際労働節を祝いに、静安緑化部門は全区の緑地を花で飾って、芸術的な配置、新しく優れた花の品種と道路特徴の作りなどを都市の公共空間に溶け込み、静安の独特な魅力を出すことを求めて努力する。聞くところによると、今回の盆栽展示は静安寺と鉄道上海駅およびその周りの地域を重点とし、全区の緑地・花壇、フラワーボーダーや17の幹線道路にある盆栽を改良・更新する。南京西路、常徳路、華山路、銅仁路、恒豊路、海寧路、大統路、西蔵北路などの関連道路にて、計60万点の盆栽の花は更新され

View All

情熱静安・ジャズの春 音楽フェスティバルは美しいメロディーを奏でる

記者 余儒文 撮影本紙ニュース(記者 李瑛)中国初となる中国人ジャズバンドのべーシストの鄭徳仁は「モダンな過去でも、ファッショナブルな今でも、ジャズは上海静安にぴったり合う。半世紀を渡って、都市の発展と伴って、創造・個性・開放・融合などのジャズの特徴は静安に溶け込んで、静安の独特な文化気質になった」と話した。今年の4月30日は第七回国際ジャズの日。この際に、静安区文化局が主催し、JZMusicが引き受けた2018「情熱静安・ジ&#

View All
    • 記者会見

      2018-05-09

      2018上海静安現代劇バレーニュース素材原稿

      励ましながら前進 夢&#

ホットトピックス

  • 赤色静安 魅力人物

    赤色静安 魅力人物
  • 職人·記憶

    職人·記憶
  • 赤色ジーン·価値観ガイド

    赤色ジーン·価値観ガイド