ダブルライン経由の上海9進入•カシュガル農産物上海活動ウィークが開催

?写真はカシュガル農産物上海活動ウィークが静安区の大衆生活に入る場面 記者 肖鳴亮 撮影[L1](記者 彭旭卉)1月27日から2月5日まで、貧困者を精確に扶助し、新疆の4県の特色農産物の売れ行きを広げ、売上高を高めるよう支援するために、上海市の新疆支援作業前線指揮部は「上海新春農産物大規模聯合展示」をきっかけに、市(上海市)合作交流弁公室、市ビジネス委員会、市農村作業委員会及び対応4区の支持と協同の下で、「ダブルライン経由の上海9進入」——カシュガル農産物上海活動ウィークの展示フェアと宣伝活動を行った。今回の宣伝活動は上海の新疆支援巴楚分指揮部が静

View All

大寧路街道、コミュニティ新春コンサートが開催

?写真は新春コンサート現場 記者 余儒文 撮影(記者 呉晶晶)1月31日午後、「喜迎中国年——2018大寧コミュニティ新春コンサート」が大寧国際小学校の大講堂で行われた。コミュニティの住民たちは楽しく一堂に会し、共同で春節を迎えた。活動現場で、大寧路街道(町内)の担当者は2017年度の作業を全面的に総括し、管轄区域内の各界の人々、広範な幹部と大衆に、「再評価の第五回中国全国文明市街地を作り、中国全国衛生市街地の再審査に成功した」等の作業成果について心から感謝した。機関の幹部に望みと要求を提出し、大寧人が未来の作業で、引き続いて党(中国共産党)&

View All

鉄道上海駅の「春運モード」がスタート

(記者 黄競競 撰文/余儒文 撮影)2月1日、2018年春運(春節時の帰省ラッシュにむけた交通機関の特別輸送体制)が正式にスタートし、長距離方向の乗客数が急激に増加した。当日、上海三大駅は旅客35万人を送ったが、そのうち上海駅が9.7万人、上海南駅が4.7万人、上海虹橋駅が20.6万人であった。旅客の遠出を保障するために、鉄道部門の春運増発列車が次第に運営し始まり、全駅は合計32本の列車を増発するが、そのうち上海駅は11本で、主に四川、安徽方向に集中、南駅は10本で、主に川渝(四川省と重慶市)、雲貴(雲南と貴州)方向に集中、上海虹橋駅は11本で、主要方向は貴州、江西、湖南等である。春運

View All

「益」針「益」糸 志願者に思いやりマフラーを贈呈

?記者 余儒文 撮影(記者 黄競競)1月23日、曹家渡街道(町内)コミュニティボランティアサービスセンターのスタッフとコミュニティ志願者代表は、管轄区域内の重点交通交差点に向かって、コミュニティ志願者の織る思いやりマフラーを巻きあげることで、厳寒の中で、職場で熱心に働く文明交通志願者、交通警察・協力警察に温かみを与えた。彼らはプロフェッショナリズム、真面目と思いやりで交通を指揮し、安全、秩序、文明、スムーズの道路交通環境ӛ

View All

南京西路街道新春コンサートが開催

?写真はコンサート現場 記者 余儒文 撮影(記者 王彦琰)1月22日、2018年南京西路街道(町内)新春コンサートが中信泰富広場LG中庭で開かれた。今回のコンサートは上海軽音楽団が公演し、クラシック曲をたくさん選び、ハイライトたっぷりだと言える。コンサートは『春節序曲』から始まり、うれしくて愉快な雰囲気が素早く場内の観客たちを魅了した。まるで春に身を置くようで『春の声』、軽快で活発な『Spanish Dances』、いきいきとして熱烈的な『Slavonic Dances』、『梁祝(

View All

天目西路街道で「新年迎え・祝福贈り」活動が開催され

(記者 彭旭卉 撰文/肖鳴亮 撮影)1月25日、雪片が空で舞い散り、ひどい寒さが通行人を襲っているが、河濱居委会(住民委員会)にてとてもにぎやかで、笑い声が溢れていた……ここは天目西路街道(町内)事務所、天目西コミュニティ文化活動センター、天目西路街道「名家スタジオ」が共催する「名家の優雅な気風を感じ、一緒に集まり新春を迎える」活動の現場である。真っ赤な灯籠は来年の豊かさを意味し、めでたい春の花は新年の期待に満ち溢れ、住民たちが濃い春節雰囲気に感染していӖ

View All
    • 記者会見

      2017-09-27

      市北高新米国革新センターがシルコンバレーに正式に除幕のニュース資料原稿

      市北高新米国革新センターがシルコンバレーに正式に除幕

ホットトピックス

  • 赤色静安 魅力人物

    赤色静安 魅力人物
  • 職人·記憶

    職人·記憶
  • 赤色ジーン·価値観ガイド

    赤色ジーン·価値観ガイド