「五一スローガン」発表70周年を記念し 静安区は写真・文章展覧会を開催

写真は観客たちが「協同の初心を忘れず、手を携えてまた歩き出す:中共中央(中国共産党中央委員会)『五一スローガン』発表70周年記念写真・文章展覧会」を見学する様子記者 肖鳴亮 撮影(記者 黄競競)4月12日、市委常委(中国共産党上海市委員会常務委員会)委員・統戦部(統一戦線活動部)部長施小琳と静安区委(中国共産党上海市静安区委員会)書記安路生はイベントの起動ボールを一緒に押した。それに伴って、「協同の初心を忘れず、手を携えてまた歩き出す:中共中央『五一スローガン』発表70周年記念写真・文章展覧会」は中共二大(中国共産党第二回全国代表大会)開催地記念館で正式に幕を開けた。市委統戦部副部長王珏、静安区委常委・統戦部部長凌恵康

View All

2018秋冬上海ファッションウィークはファッションの活力をもう一度燃やす

?記者 余儒文 撮影(記者 邢蓓琳)4月6日から10日まで、2018秋冬上海ファッションウィークの「KIDS WEAR」子供服発表会は800ショーで行われた。五日間の子供服発表会では、国内外から20の知名ブランドがまとまってランウェイに登り、豊かな色で人目を引いたり、ファッションとデザインの変化に富んだ感覚で人に印象を残したりして、2018年秋冬の新しい子供服デザインで子供服ファッションに新しい流れをもたらし{

View All

2018年度静安体育広場の「毎週試合」は正式に発足

?記者 余儒文 撮影(記者 黄競競)3月30日、静安区体育局と各街道事務所、鎮人民政府が主催した静安区体育広場「毎週試合」は大寧チューリップ公園で幕を開けた。今年の「毎週試合」イベントは新たにフィットネスパフォーマンスと指導のコーナーを送り出すことになる。それと同時に、競技のグラウンドもいっそう「高大上(ハイエンド・上品・高級)」になり、静安公園、悦達889広場などの場所でのフィットネスと商業の有機的な結びつけが作り上げられて

View All

メディア「大物」は静安ホワイトカラーと零距離交流

?記者 余儒文 撮影(記者 李瑛)3月23日、静安区ホワイトカラー駅家と復旦大学校友会が共催した「私の青春は君の年輪:改革と開放の四十周年記念論壇」はホワイトカラー駅家で開催された。二人[L1]のメディア「大物」は自ら論壇の初イベントに赴き、一時間の講演を行い、そして三十分を費やして[L2]観客と零距離で交流した。有名なメディア・広告従業者、掌握メディアの女社長の簡昉さんは、自分が「70後のネット有名人」だと自嘲した。そんな彼女はわかりやすい言葉で「この

View All

今年、静安は「シェアグラウンド」を11カ所増設予定

?「シェアグラウンド」はフィットネス愛好者に目をかけられている(記者 余儒文 撮影)記者 黄競競和源馨苑に住んでいる陳陽はスマホでQRコードをスキャンしてWeChatミニプログラムにアクセスし、バスケットコートを検索し、課金と登録を完了し、ゲーツでまたQRコードをスキャンしてコートに入り、運動場料金は退場する際に自動的にスマホを通じて支払いされる。毎週、彼は近くの

View All

中国と外国の友人が同じステージで演出 盛大な文化の宴を共に楽しむ

? 記者 肖鳴亮 撮影 (記者 呉晶晶)3月25日の午前中、いままでと違う新たな形の中露文化交流イベントの開催が2018上海市民文化フェスティバル大寧コミュニティ文化サービスの日の幕を開けた。今年の市民文化フェスティバルは「より良い文化、より良い生活」をテーマとし、改革と開放の四十周年記念、共産主義革命の文化伝承、中華優秀伝統文化、都市の公共文化空間の4シリーズをめぐってイベントを展開した。当日、大寧路街道は多様な視点、段階や形で文化テーマイベントを展開&#

View All
    • 記者会見

      2017-09-27

      市北高新米国革新センターがシルコンバレーに正式に除幕のニュース資料原稿

      市北高新米国革新センターがシルコンバレーに正式に除幕

ホットトピックス

  • 赤色静安 魅力人物

    赤色静安 魅力人物
  • 職人·記憶

    職人·記憶
  • 赤色ジーン·価値観ガイド

    赤色ジーン·価値観ガイド