幼いごろの記憶が蘇り 音楽とチャリティーで2019年をライトアップ

?子供たちは現場で新疆の「小胡楊図書室」に本を寄付■撮影 肖鳴亮■取材・文 施丹妮本紙によると、江寧路街道内の「週末はどこへ行くか」という従業員親子活動キャンプは、このほどメアリーケイビルで新年の初のイベントを迎えた。江寧轄区内で生活している100人近くの従業員とその家族がここに集まり、楽しくて有意義な午後を過ごした。今回のイベントは、江寧路街道内の党工作委員会と事務所の主催のもと、街道内の総工会(労働組合連合会)と新しい社会階層代表者懇親会、青年団工作委員会、婦女連合会など

View All

北駅街道内で新春交歓会

??撮影 肖鳴亮■取材・文 李瑛本紙によると、北駅街道はこのほど、コミュニティ文化活動センターで第1回コミュニティ春節交歓会を開催し、北駅街道内の各部門・各戦線の機関幹部と職能別施設のスタッフ、住宅区の幹部、コミュニティの企業・公的機関の従業員、住民ボランティアら合計200人余りが一堂に集まり、この喜ばしい佳節を迎えた。上海での有名な司会者とした暁君氏と雅静氏が共同で司会を務めた同イベントの現場では、北駅街道文化センターに提灯や飾り物が並び、各所{

View All

静安区での生活ゴミの分別システムへの構築を一層深化

??■静安での大部分の団地が乾いたゴミを1日に2回回収・運搬■取材・文 黄競競/撮影 余儒文2018年4月に、『上海市生活ゴミ全過程分別システムの構築行動計画(2018-2020年)』が発表された。これで、上海市が過去の生活ゴミの発生源に対する「ばらつき推進」の方式を変更し、団地と事業体が別々に推進してきた従来の形式に基づき、街・鎮全体あるいは行政区全体にわたる全面的な推進方式を実施する方式が明確になった。静安区は6つの試験区の1つとして、区域を挙げて真っ先に推進し、また住民家庭に対する「1

View All

政治協商会議静安区第1期委員会第4回会議が閉幕

(取材・文 袁文君/撮影 肖鳴亮)1月16日午後、中国人民政治協商会議上海市静安区第1期委員会第4回会議は円満に各議事日程を完成し、大寧劇場で成功裏に閉幕した。区政治協商会議主席の陳永弟氏が閉幕会議を司会し、区政治協商会議副主席の陳静薇氏、沃偉東氏、王鋼氏、沈剛氏、葉強氏、秘書長の劉尚宝氏、及び常務委員が主席台に着席した。区指導者の陸暁棟氏、顧雲豪氏などは招待を受けて大会に出席した。区委員会書記兼区長の陸暁棟氏が大会での話によると、2018年においては区政治協商会議が団結と民主の2大テーマをしっかりと捉え、中心をめぐり、大局に奉仕するということを堅持した。また政治協商には新&#

View All

静安区第1期人民代表大会第6回会議が閉幕

(取材・文 邢蓓琳/撮影 余儒文)1月17日午前、静安区第1期人民代表大会第6回会議は円満に各議事日程を完成し、大寧劇場で成功裏に閉幕した。大会執行主席に当たる陸暁棟氏、顧雲豪氏、葉堅華氏、宋震氏、馮璐氏、段文龍氏、呉麗萍氏、楊志健氏、江天熙氏、厳俊瑛氏、曽暁穎氏、厲蕾氏、宋大傑氏、張軍氏、趙剣鋒氏、及び区政治協商会議主席の陳永弟氏らは出席台に着席した。大会に出席すべき代表数が340名で、実際に318名の代表が来場したので、法定人数に合致している。区委員会書記・区長・大会執行主席の陸暁棟氏が会議を司会した。大会は無記名投票で、顧雲豪氏を区人民代表大会常務委員会主任に、劉慶氏、許騂氏、定慈氏を区人民代表大会常務委員会委員に補欠選挙した。新しく選ばれた区人民代表大会常務委員会主任が代表{

View All

「上海文化」ブランドの新しいタグを全力で育成

?■撮影 肖鳴亮?■取材・文 顧武 李瑛新しい静安の成立後に整備された初の大型文化クリエイティブ産業パーク、つまり静安・臨港新業坊は、1月17日午後に正式に開園を発表した。これと同時に、上海民生現代美術館が同パークに正式に入居したことをも明らかにした。副区長の周海鷹氏、上海臨港グループの総裁袁国華氏、副総裁翁愷寧氏、中国民生銀行の党委員会副書記兼副頭取の陳瓊氏、上海駐在のフランス総領事の柯瑞宇氏らが新業坊の開園式と民生美術館の入居式に出席した。上海臨港グループと蘇河湾投資ホールディング有限公司、上海電気グル&

View All
    • 記者会見

      2018-05-09

      2018上海静安現代劇バレーニュース素材原稿

      励ましながら前進 夢&#

ホットトピックス

  • 立派な指導グループ・立派なリーダー

    立派な指導グループ・立派なリーダー
  • 赤色静安 魅力人物

    赤色静安 魅力人物
  • 職人·記憶

    職人·記憶
  • 赤色ジーン·価値観ガイド

    赤色ジーン·価値観ガイド